サイドワインダー ~2014 Jユースカップ:栃木SCユースvs横河武蔵野FCユース〜

味スタ西での二試合目。
近くの中華料理屋のバイキングで「うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ!」して冷えきった体を暖める。
体はいくら雨に打たれても構わんのやけど煙草とiPhoneがね。
あ、ちなみにこのブログの写真はiPhoneで撮ってるで。
すぐバッテリーが切れるからつけっぱに出来んしズーム機能も貧弱で陸上トラックがある競技場だと尚更その貧弱さが際立つ。
あと撮る時はいちいちロック外さなアカンから決定的瞬間に間に合わんのよね。
デジカメ使ってる人が最新式のライフル銃なら
us_marine_m16a4_rifle_acog.jpg

こっちは前装式のマスケット銃ぐらいの差があるねん。
1024px-Musketeers.jpg

あと撮影に関しては素質が絶望的な程無い。

2014 Jユースカップ 第22回 Jリーグユース選手権大会
栃木SCユースvs横河武蔵野FCユース

IMG_1393.jpg

栃木は4-4-2
アンカーに法師人将大くん。
2トップは橋本七斗くんと森俊貴くん。
監督は上野優作さん。
かつてアルビレックス新潟のJ1昇格を決めるゴールをあげた方。

横河は4-2-3-1
ワントップは高木涼介くん。
左SH渡辺悠雅くん右SH太田翔くん。

さて、試合。

前半27分、横河カウンター。ハーフウェー付近でボールを受けた渡辺くんが左サイドドリブルで相手を引き付けてからスペースの空いた逆サイドへ。
IMG_1396.jpg
右サイド太田くんが走り込み勢いそのままに持ち込んでシュート。横河先制。1-0
IMG_1398.jpg

前半32分、栃木が右サイドでFK獲得。キッカーは橋本くん。ゴール前への縦クロスに森くんが右足で合わせてゴール。栃木同点。1-1
IMG_1399_201411030551223ce.jpg

前半44分、栃木が自陣からの黒﨑隼人くんのフィードを前線の橋本くんが胸トラップから左足ボレー!栃木逆転。2-1
橋本くんのゴールに背を向けてのトラップから反転し振り抜いた左足一閃。
完璧なゴール。

前半終了。

栃木はアンカーの法師人くんが中盤の底でゲームメイク。
堅実で確実なパスで左右に散らす。
2トップの距離感も良い。
森くんがラインブレイクし橋本くんが下がり目で受けてポストプレーとトップ下の役割をこなす。
逆もまた然り。
IMG_1401.jpg

横河は両サイドのアタッカーが際立つ。
先制点は左SH渡辺くんと右SH太田くんの二人でカウンターが成立していた。
太田くんはとにかく速い、前方にスペースがあればDFとヨーイドンでスタートしても三歩目でぶっちぎっている。
左サイドの渡辺くんはドリブルで切り込むだけでなくキープしてゲームを落ち着かせる。
基本的にはDFラインからじっくり繋いでいくスタイル。
B1d2CgFCQAACE_4.jpg

後半開始。

後半19分、横河左サイドでボールを受けた渡辺くんがドリブルで持ち込んで逆サイドの太田くんへパスを通す。
太田くんはGKの動き出しを見てから冷静に右足でコース右へ決めた。横河同点。2-2
IMG_1403.jpg

横河は渡辺くんと太田くんが左右ポジションチェンジ。

全体的にゲームの主導権を握っているのは栃木
特に左サイドで攻勢に。
SB黒﨑くんの出足の速いチェイスからのアグレッシブなオーバーラップ。
IMG_1402.jpg

横河はGK鈴木凛音くんの好セーブもありなんとか堪える。
辛抱強い守備から右サイド渡辺くんへ繋いでカウンターを狙う。
両サイドだけでなく中央で見木友哉くんが中盤からサイドに引っ張られてスペースの空いたバイタル中央で良い仕事。

後半終了。
90分間では決着がつかず延長戦へ。

延長戦はシーソーゲームの様に攻守がめまぐるしく入れ替わりながら前後半20分が終了。
勝負はPK戦へ。
IMG_1404.jpg
先攻の栃木は一人目のキッカーがコース左を狙うが枠外。
後攻の横河は一人目の渡辺くんがPKを決める。
栃木は二人目明本考浩くんが決めると横河の二人目のPKをGK清水淳悟くんがストップ。
これでイーブンとなり両チーム共にここから五人がPK成功。
迎えた八人目。
横河GK鈴木くんがPKストップ。
後攻の横河は槇廉くんが勝負を決するPKを落ち着いて決めた。
IMG_1406.jpg
これで横河が一回戦を突破。
次戦はFC東京との対戦となる。

栃木は強かった。
札幌、ジェフ相手に勝利し予選を突破したのも頷ける。
出足の良いプレス、中盤をコンパクトに保ちパスコースを産み出す選手間の距離感。
アンカーの法師人くんは90分+延長を走り切る運動量は相当なものだっただろうが中盤の底を掃討。
橋本くんは前半で1ゴール1アシスト、ちょっと手がつけられない程際立っていた。
IMG_1407.jpg

横河はカウンターのチャンスを二発モノにした。
だがカウンター一辺倒のサッカーではなくボールを動かしながらチャンスを伺う。
CBの足元の技術は高く栃木のプレッシングをギリギリいなしながら繋いでいく。
後半は渡辺くんのポジションを左右入れ替えて下がり目にしボールの預けどころを作る。
栃木の左サイドが前掛かりになっていたので右サイドの裏で渡辺くんがボールを受ける事で攻守を切り替え一方的に押し込められる事を防いでいた。

この試合の"SMVP"は渡辺悠雅くん。
2アシスト+PKのキッカーとして先陣を務めた。
ゴリゴリと運ぶドリブルに加え後半はカウンターの起点と始点としてゲームメイク。
太田くんとのコンビは相手にとって脅威以外の何者でもない。
相手ゴールをロックオンし横河の両翼から放たれる高性能ミサイル。
IMG_1408.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ