王子争奪戦 ~高円宮杯U-18 プリンスリーグ関東・参入決定戦:横浜FCユースvs栃木SCユース〜

今年のサッカー観戦も今日で最後。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プリンスリーグ関東・参入決定戦
横浜FCユースvs栃木SCユース

IMG_1565.jpg

横浜は4-2-3-1
今年は初見。

栃木は4-4-2
Jユースカップで観て以来。
左SBだった黒崎隼人くんを一列上げてSHに。

関東8県のリーグ優勝者が2ブロックに分かれて戦う参入戦。
昇格出来るのは2連勝した2チーム。
勝者はこの後に行われる昌平高校vs第一学院の勝者と対戦し勝てば来季のプリンスリーグ関東への参入となる。

さて、試合。

前半15分、栃木が左サイドから逆サイドへ展開。橋本七斗くんのクロスがDFに当たってPA内に大きく浮き上がる。
DFとGKの間に落ちるボールに飛び出してきたGKよりも先に明本考浩くんがへディングを合わせる。栃木先制。1-0
IMG_1549.jpg

栃木は立ち上がりから不安定さを露呈している横浜のビルドアップに急襲プレス。
前線で橋本くんがプレスしDFのバックパスのミスを誘発。
森俊貴くんがカットしてシュートも枠を逸れる。
さらに栃木はCB和氣侑生くんからのロングフィードを前線で橋本くんが抜け出して受けるとドリブルでPAへ。
GKがスライディングしカットするもボールに間に合わずアフターでファール。
PAギリギリ外だったが非常にリスキーなプレー。
この時の交錯で橋本くんが負傷。
一時的にピッチから離れて治療。
IMG_1551.jpg

前半終了。

横浜は攻撃時はバイタルでボランチから中盤までをワンタッチで繋いでいくシーンが多く小気味良いパス回しを展開。
ただ非常に限定的。
前線までパスが繋がる事があまりない。
故にシュート数が極端に少ない。
それ以上にビルドアップでのパスミス、判断の遅れが目立つ。
栃木のプレスの網に引っ掛かり焦燥感が募る前半。
IMG_1553.jpg

栃木は橋本くんと森くんの前線のプレスからSHが連動して前でボールを奪いにいくスタイルがハマっていた。
局面局面の弾際でしっかり体を張ってボールキープ。
セカンド奪取率も高い。
左SHの黒崎くんが力強いドリブルと素早い寄せでサイドの起点になると同時に横浜の攻撃をシャットアウト。
GKと交錯した橋本くんは治療後ピッチに戻ってきたが前半終了後にベンチに引き上げる際に足を引きずっていたので後半は厳しいかもしれない。
IMG_1550.jpg

後半開始。

栃木は橋本くんに代えて髙橋俊貴くんをピッチへ。
髙橋くんを右SHにし明本くんをFWに押し上げる。
IMG_1563.jpg

後半開始から横浜のペース。
栃木のプレスが弱まったこととトップ下的な位置にいた林勇太くんが前線でボールを収められるようになった。
ボランチの石山雄悟くんがトップ下とシャドーストライカー気味にラインの裏へ抜け出す。
サイドからの崩しにファーで詰めるという攻撃の形が産まれる。
前線に人数を掛けている分栃木DFが捕まえ切れずにフリーになる選手が出てきた。
後半20分頃までは横浜ペース。
栃木を押し込んでセカンドを拾っての波状攻撃。
IMG_1561_2014122203430951c.jpg

耐える時間帯が続く栃木。
前線にボールが入らずDFラインが上がり切れない。
何度かピンチを迎えるがGK上野空良くんがビッグセーブで失点を防ぐ。

後半35分、栃木がCKを得ると明本くんのキックにゴール前へ増渕利樹くんが走り込んで完璧なタイミングでへディングを合わせる。栃木追加点。2-0
IMG_1561.jpg

栃木は残り時間をボランチを三枚にして中盤を厚くし特にサイドへのプレス圧力を高める。
クリアはとにかく大きく遠くへ。

試合終了。
栃木が勝利しプリンスリーグ関東昇格への第一関門を突破した。

横浜は非常に勿体無い内容。
後半は良い時間帯を作れていただけに惜しまれる。
交代策も打開策とならず。
この試合で一番目を引いたのは石山くん。
前半は中盤の底からゲームメイクをしていたが後半ポジションを前目にしラストパスから裏への飛び出し、ミドルシュートと横浜の攻撃の核に。
IMG_1566.jpg

栃木は前半圧巻のプレッシング。
後半はやや落ちて横浜にペースを握られたがCB平岡空くんを中心に耐え凌いだ。
ボランチの法師人将大くんと藤原亮太くんのコンビは前半縦の関係で一人が前線の攻撃をサポート。
後半は中盤の底でボールを追い機を見てバイタルへ。
前後関係がキッチリとしていて栃木の好守にメリハリを持たせる。
二戦目が中一日という日程に加え前線で前後左右にプレッシングしていた橋本くんの負傷という不安材料もある。
が、昇格を掛けた大一番が年内ラストの試合。
三年生にとっては栃木SCユースとして最後のゲーム。
モチベーションの心配はなさそうだ。

この試合の"SMVP"は黒崎隼人くん。
SBからSHへのポジション変更が大当たり。
前半からプレスとドリブルとキープで横浜を押し下げる。
後半は一転守勢に回るがサイドをケアしつつ空いたスペースへ果敢にオーバーラップ。
90分間アップダウンを繰り返し栃木の勝利に貢献。
IMG_1569.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ