筒井康隆先生の『ロートレック荘事件』のレビューを書いたやで

発売中の東京グラフィティという雑誌でワイの書いた筒井康隆先生の作品レビューが載ってます。

熱烈ファンが選ぶ 作家・監督別作品ランキング
という特集にツツイストとして参加。
ワイが書いたのは筒井康隆先生の『ロートレック荘事件』のレビューやで。


レビューと言ってもtwitterの文字数よりちょっと多いぐらいの凄く短いもの(顔写真もちっちゃく載ってます。あと本名ではなく「庄七」名義で書いてます。本名でもよかったんやけど元々レビューの依頼が来たのが「庄七」で書いてるこのブログ経由やしね)
作中に出てくるトーマス・マンの短編『小フリーデマン氏』についても触れたかったけど文字数が全然足りんかったで(書くのはええけど削る作業がしんどかった)
初めて筒井先生の作品に触れたのがこの『ロートレック荘事件』やから物凄い思い入れがある作品(ただ「レビュー」を書くには色々と気を使う作品でもある。ネタバレはもってのほかやけど要の「トリック」についてどこまで書いていいのか?というね)
若者向けのカルチャー雑誌みたいやから購読対象の「若者」が読んで「筒井康隆」に少しでも興味をもってもらえればええやね。
まあワイのレビューで実際に『ロートレック荘事件』を読んでみようという気になる人がどれぐらいおるかは全く想像出来ないけど(多目に見積もって2〜3人ぐらいかしら?)書くのは楽しかった。
特集の「ファンが選ぶ筒井先生のベスト10」は中々意外な結果に。
『時をかける少女』は選外やろうな〜と思ってたけどやっぱり入ってなかった。
あと短編集が思ったより少なかったかな。
『薬菜飯店』『エロチック街道』あたりは入るかな?と思ってたけど。
事前に編集部に提出したマイベスト10で被っているのが『残像に口紅を』と『旅のラゴス』『ロートレック荘事件』の三作品。
筒井先生の作品数と名作数の多さを考えれば被ってるほうかもしれんね。
ちなみにこれがワイの選んだ筒井先生の作品ベスト10やで〜

1位『ロートレック荘事件』
2位『驚愕の曠野』
3位『旅のラゴス』
4位『薬菜飯店』(短編集)
5位『残像に口紅を』
6位『敵』
7位『将軍が目醒めた時』(短編集)
8位『エロチック街道』(短編集)
9位『霊長類 南へ』
10位『最後の伝令』(短編集)

実際に雑誌を手にしてあらためて自分の文章が活字になっているのを見るとなんか非現実感があるやね。
一番嬉しかったのはワイの駄文(と名前)がワイにとって神の名にも等しい"筒井康隆"と同じ紙面に印刷、掲載されているという!
ツツイストにとってはそれだけで大満足やったで。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ