神奈川ヤングライオン杯準決勝 〜神奈川県クラブユースサッカー新人戦:横浜F・マリノスユースvs横浜FCユース〜

『笑犬楼大通り 偽文士日碌』
筒井康隆先生の三月五日の日記なんやけどジェイソン・ステイサムを「最近のおれの一番のお気に入り男優」と!
筒井先生がそこまで仰しゃるなら生粋の”ツツイスト”であるワイは今日から”ステイサムニスト”や!
今度『バンク・ジョブ』見てみようかな。

日曜日は「高体連の雷電」ことK氏とマリノスタウンへ。
氏はサッカーについて深い見識を持つだけでなくジェイソン・ステイサムについても並々ならぬ知識を持つ。

2014年度 神奈川県クラブユースサッカー新人戦 準決勝
横浜F・マリノスユースvs横浜FCユース

IMG_1792.jpg

マリノスは4-4-2
前の試合のvsY.S.C.C.ユースを観たが気になる選手多数。

横浜FCは4-4-2
先月のvs相模原から背番号が代わっている。
オフィシャルHPの選手紹介ページが改装中で見られないため選手名が甚だ自信がない(間違っていたらご指摘願います)

さて、試合。
IMG_1793.jpg

試合開始早々マリノスにビッグチャンス。
左サイドからのサイドチェンジで右サイドの裏へフリーで阿部隼人くんが抜け出しGKと一対一。
ニアを強襲するシュートを放つが横浜FCGK杉本将哉くんが左手でセーブ。

前半27分、マリノスが中盤でのパスカットからショートカウンター。佐多秀哉くんが右サイドからDFを振り切りカッティングしてPAへ。
ゴール中央で切り返したところ残った足を横浜FCのDFが引っ掛けてしまい倒されてPK獲得。
IMG_1794.jpg
佐多くん自らコース左に決めてマリノス先制。1-0
IMG_1795.jpg

横浜FCも右サイドからのクロスに前嶋洋太くんがゴール前でフリーになって抜け出しGKと一対一。
マリノスGK千田奎斗くんが判断良く前へ飛び出し距離を詰めてシュートをブロック。

マリノスはボランチの小松駿太くんが前半も残り僅かのところで負傷で交代。
ボランチには川原田湧くんが入る。

前半終了。

マリノスはピッチを広く使えている。
前半主導権を握ったのはマリノスか。
一対一のマッチアップでも負けていない。
バイタルで横浜FCの攻撃をカットすると逆サイドも一斉に押し上がってピッチの横幅を最大限に活かした攻撃。
CBコンビの板倉洸くんと坂本寛之くんが横浜FCの攻撃を完封。
坂本くんの最終ラインからサイドへのロングフィードも精度が高く攻撃の起点に。
IMG_1797.jpg

横浜FCは攻撃の形を模索していた前半。
何回かボランチの石山雄悟くんからDFラインの裏へ危険なパスが通りかけた(去年から彼に注目しているK氏によると石山くんの凄さは「ボールを受ける前の動き」が傑出しているところだそう)
石山くんとコンビを組む岡本勇輝くんは中盤を広範囲でカバー。
ワンタッチパスでテンポ良く繋ぎ最終ラインと前線を繋ぐ。
両翼はマリノスのサイドを警戒するがあまり若干後手に回るシーンが見られた。
もう少しサイドアタックに思い切りの良さが欲しいところ。
IMG_1796.jpg

後半開始。

後半から横浜FCの攻勢が激しくなる。
サイドアタックが活性化。
特に右サイドではSH梅原郁人くんとSB青木天良くんが連動しての崩しが見られるように。
IMG_1798.jpg

後半16分、横浜FCが左サイド裏へ抜け出した前嶋洋太くんがシュート。
DFに当たって若干軌道が変わったか?ゴール左隅に決まる。横浜FC同点。1-1
IMG_1800.jpg

マリノスは右SB坂内祐太くんがサイドをオーバーラップし強烈なミドル。
バーを叩いてポストに阻まれる。

後半37分、マリノスの西浦英伸くんがライン裏へ抜け出し飛び出してきたGKを冷静に左へ躱すと開放されたゴールへシュートをパス。マリノス逆転。2-1

同点に追いつくべく横浜FCユースは後半途中から投入された長身FW33番を前線での起点としサイドを高く押し上げDFの裏(及び前)を狙う早めのアーリークロスをマリノスゴール前へ。
10番の齋藤功佑くんがバイタルでのドリブルから裏へ抜ける動き出し、こぼれ球からのシュートでマリノスゴールに何度も迫る。
IMG_1799.jpg

マリノスはGKがコーチングで守備陣を引き締める。
前半右SHで後半から左SBにポジションチェンジした阿部くんが気迫の守備。
CB坂本くんが裏のスペースをカバーし横浜FCに決定打を許さない。
IMG_1801.jpg

試合終了。
2-1で勝利したマリノスが新人戦の決勝へ。
決勝戦と三位決定戦は3月22日に小机競技場で行われる。
三位決定戦は10:00から横浜FCユースvs湘南ベルマーレユース
決勝は13:00から横浜F・マリノスユースvs川崎フロンターレU-18

横浜FCは後半から攻撃に勢いが生まれ同点。
サイドでのワンタッチでDFを外しながら繋いでいくシーンも多く見られた。
逆転への期待感もあっただけになんとも惜しい試合に。
IMG_1805.jpg

マリノスは後半攻め込まれるシーンが目立ったがきっちり逆転して最後は粘りの守備で試合をモノにした。
トップの中杉雄貴くんと左SH西浦くんは二人で相手陣内に侵入し決定的なシーンを作り出すことが出来る。
際立ったのは個々人のマッチアップの強さ。
球際の競り合いで横浜FCより優位に立つ。
一対一でボールを奪い切れるので守から攻へ展開しやすい。

この試合の"SMVP"はCB坂本寛之くん。
正確なロングフィードと的確なカバーリング。
終盤は横浜FCの攻勢を跳ね返す壁となる。
IMG_1804.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ