Sunday Sun 〜高円宮U-18プレミアリーグ:柏レイソルU-18vsJFAアカデミー福島〜

この間『戦場でワルツを』見た。

イスラエルのアニメ映画。
アニメなんだけど日本のアニメともピクサーとも違う、凄く不思議な動き。
お話としては、、、

主人公は元イスラエル国防軍の兵士。
戦友から20数匹の犬に追いかけられる悪夢を見ると相談される。
レバノン内戦時の記憶が元凶だと言うのだが主人公が当時を回想しようとすると戦争の記憶がすっぽり抜け落ちている事に気がつき彼もまた不思議な夢を見始める。
各地の元戦友達に会って話を聞き、記憶の空間を埋めていく、、、

っちゅう映画。
途中でレバノンでの虐殺をホロコーストと連想させる台詞が出てくるんやけど(連想というか"問いかけ"ね)
これがイスラエル映画ということを考えると凄く挑戦的(実際にイスラエルが虐殺に加担していたから)
レバノン内戦はめっちゃ複雑なので映画を見る前にwikiなんかであらかじめざーっと知っておいたほうがええかも(と言ってもレバノン一国だけでなく中東全体の情勢を紐解いていかないと本当の理解は難しい。ワイは途中で匙を投げた。じっくり取り掛からんと無理やわ)
ちなみに劇中でPublic Image Ltdの『This Is Not a Love Song』が流れるシーンがあるんやけど凄く良かった。


高円宮杯U-18サッカーリーグ2015 プレミアリーグ イースト
柏レイソルU-18vsJFAアカデミー福島

IMG_2010.jpg

柏は4-1-4-1
浮田健誠くんはトップではなく左ウィング。
柏は5試合を終えて3分2敗。

福島は4-4-2
共に未勝利チーム同士の対決となった。
監督は眞中幹夫さん(昔ジェフファンだったからJリーグチップスのカード持ってる)
IMG_2025.jpgIMG_2026.jpg

さて、試合。

前半30分、柏が中央から伊藤達哉くん→山﨑海秀くんと繋ぎフィニッシュを浮田くんが決めて先制。1-0

IMG_2011.jpg

柏はCKからも決定的チャンス。
GK弾いた所に詰めるもDFがブロック。
IMG_2012.jpg

前半終了。

柏は得点こそ一点だったものの福島を圧倒。
前線は中央に白川恵士朗くんという布陣だが0トップに近い。
浮田くんはトップを務める事が多かったがこの試合では右ウィングに。
それがハマっている。
右サイドに起点が生まれ尚且つ福島のDFを引っ張れるのでバイタルにスペースが空く。
IMG_2013.jpg

福島はプレスの掛け所は決して悪くない。
闇雲に前から行くのではなく中盤の底に入ってからプレッシング。
柏相手なら正しい。
中盤で上手くパスコースを読んでカットからカウンターという場面もあった。
ただ若干プレスの詰めが足りない印象。
バイタルで少々見過ぎているかもしれない。
IMG_2015.jpg

後半開始。

前半4分、柏左からのCK。
キッカー下澤悠太くんのボールがファーサイドに流れ走りこんで来た浮田くんがダイレクトで蹴り込む。柏追加点。2-0

IMG_2016.jpg

前半5分、柏がカウンターから手薄になった福島DFラインの裏へ白川くんがスルーパス。
伊藤くんが抜け出してGKと一対一。ゴール右隅に流し込む。3-0

IMG_2017.jpg

後半17分、柏が再び白川くんのラストパス。受けた浮田くんが決めて福島を突き放す。4-0
浮田くんがハットトリック達成。

IMG_2018.jpg

後半39分、柏の下澤くんがGKとの一対一から冷静に浮田くんへパス。浮田くんの4点目となるゴール。5-0
IMG_2020.jpg
IMG_2021.jpg

試合終了。
柏はプレミアイースト初勝利。

福島は後半前掛かりになった裏を柏に狙い撃ちされた。
さらに失点がプレスの出足を鈍らせる。
完全に"見て"しまっている、柏のテンポに追い付けない。
攻撃では手数を掛けずにSHに振ってFWとのコンビネーションでシュートに持ち込む。
バイタルまで運べる力はある、押し込まれながらも積極的にシュートを放つ。
結果的に5失点だったが前半のDFラインでの繋ぎは素晴らしかった。
選手達が連動して柏のプレスを躱しながら狭いスペースから抜け出す。
惜しむらくは、あれをバイタルで見たかった。
IMG_2024.jpg

柏は前回観戦したvs青森山田戦からは見違えるような内容で完勝。
後半は左サイドの伊藤くんがソリッドなドリブルで福島のDFラインを切り裂く。
白川くんは前線でDFを背負うのではなくトップ下的に引いて前を向いてボールを受け山﨑くん下澤くんの攻撃参加を促す。
攻撃陣を中盤の底で支えるのがアンカーの安西海斗くんの存在だ。
運動量もさることながら特筆すべきはそのこなした"仕事量"の多さ。
福島のカウンターをケアしつつDFラインと前線を繋ぐ。
ダブルボランチの役割を一人で担う彼の存在が柏の強み。

この試合の"SMVP"は浮田健誠くん。
トップとは違い前を向いて仕掛ける右ウィングのポジションがハマった。
4ゴールで柏葉・剣付騎士鉄十字賞ものの大活躍。
この試合では彼のドリブラー&セカンドトップの能力と魅力に気付かせてくれた。
IMG_2023.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ