シネマ庄七堂:~なんてラブリーな日だ!~ 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観た

マッドマックス 怒りのデス・ロード
監督:ジョージ・ミラー
キャスト:トム・ハーディ
シャーリーズ・セロン
ニコラス・ホルト




よく「ノンストップ・アクション」と呼ばれる映画はあるがこの映画は8割以上がカーチェイス。
次々と登場する悪夢的造形の自動車。
000.jpg
これはまだわかる(主人公の愛車"インターセプター")
010.jpg
「走る剣山」ことヤマアラシ(絶対乗りたくない)
CFjIsP_UIAA2O67.jpg
ドーフ・ワゴンという荒野のサウンドシステム。
前面に専属のギタリスト、後ろにはドラムスの方々が。
近代的な武装と原始的な手法が混在したアタックシーン(銃火器は存在するけど槍とか銛、クロスボウも)
疾走する中で語られる背景とストーリー(無駄なセリフがほとんどない)
それだけで説明には十分だがさらにヴィジュアルが完璧に補完してる。
荒野の独裁者イモータン・ジョーの砦(もうあそこまでいくと"国家"やけど)のヴィジュアルインパクトの半端ないディストピア感(それでも何処かしら抗し難い"魅力"を感じてしまうのがミソ)
イモータン・ジョーの戦闘員「ウォーボーイズ」が今作の特徴。
彼らは「荒野の無法者共」ではなく「狂信者」
死を恐れず、勇敢に戦って死ぬ事が彼らの望み。
ハッキリ言って「ヒャッハー!」するモヒカンより怖い。
一人のウォーボーイズ(多分、童貞)の心境の変化(恐らく、童貞故に)がストーリーの鍵になる、、、、

という説明はさておいて。

予告編を見て興味が出たなら迷わず観に行く事をお勧めする。
なぜならマッドマックス新作の凄いとこは予告編以上のモンが矢継ぎ早に繰り出されるところだから。
口に銀のスプレーを吹き付けて「なんてラブリーな日だ!」と叫びながら見る映画。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ