W杯南アフリカ大会展望 ~グループF~

W杯を目前にしてとんでもないニュースが飛び込んできました。

広末涼子・永井大すれ違い破局

僕の母校糸魚川商工の大先輩であり郷土の英雄である永井大先輩のこのスクープ。
ガセであることを願うばかりです。

はい、どうも庄七です。

今日はグループF:イタリア、パラグアイ、ニュージーランド、スロバキアです。

パラグアイは、、、あ、サンタクルスがまだいますね。
選手名鑑見ると所謂海外組が多いんですね。
メキシコのクラブ所属者が何人か。
そういや廣山がセロ・ポルテーニョ在籍時に、、、
「パラグアイリーグの選手にとっては裕福なメキシコリーグに移籍するのがステップアップの一つ」
みたいなこと言うてたな。
あ、パチューカの選手もいるやん(エドガル・ベニテス)!!
パチューカといえば僕が世界で二番目に好きなクラブ。
よし!このグループはパラグアイを応援しよう。

ニュージーランドといえば、、、
昔ジェフ市原にルーファーいうニュージーランド代表選手がいたな~
、、、それぐらいかな?
名鑑見ると所属クラブが"無所属"になってる人が二人いるけど...大丈夫?

スロバキアは代表チームとして"若い"から情報も思い入れもほとんどないわ~

イタリアと言えば、、、

イタリア中戦車 M13/40『カーロ・アルマート』(写真は僕の兄の力作です)

31976304_2426055453.jpg


第二次大戦の戦車の中で一番のお気に入りです。

「カーロ・アルマートカッコいいっすね。ジョジョの億泰じゃないですがこいういう"イタリア野郎ののセンス"好きっす。
でも実戦ではあまり役に立たなかったとか?」
「砲身47mmに装甲が30mmだからね」
「装甲補強に土嚢積んでる写真をよく見ますね、あれ役に立つんすか?」
「重さで速度が落ちるだけだと思うね、徹甲弾にはほとんど役にたたんだろう」
「装甲が薄い分機動力はありそうですが...」
「最大速度は30km/h。原付ぐらいだね。"ティーガー"や"スターリン重戦車"でもこれよりは速いんだよ」
「はあ...」
「戦車は砲身の口径と装甲の厚さが全てだよ。
そこを機動力で補うっていうのは理想論だけど実際はそうではないのだ。
敵の装甲も貫けないうえに自らの装甲が紙の如きとあっては勝てるわけがないんだ」
「はあ...イタリアの戦車の話でしたが某代表チームの現状みたいっす...
"ハエのように舞い~"っつうわけにはいかんのですな」
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ