開幕 〜高円宮杯U-18プレミアリーグ:市立船橋高校vsアルビレックス新潟U-18〜

今日は2016プレミアリーグの開幕戦。
快晴の味スタ西競技場。
関係者席には斉藤俊秀さん寺川能人さん、かつてアルビを率いた鈴木淳元監督の姿も。
青森山田の黒田監督もいて鈴木淳さんと談笑していた。
一体どんな話をしていたのか気になる.....

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ イースト
市立船橋高校vsアルビレックス新潟U-18

IMG_3521.jpg

市船は4-2-3-1か。
トップに太田貴也くん。
下り目の"三本の矢"に西羽拓くん、野本幸太くん、高宇洋という形かな。
IMG_3524.jpg

新潟は4-2-3-1
トップの堀航輝くんとトップ下の山下廉くんが2トップの関係になることも。
右SBは長谷川巧くん、積極的なオーバーラップを見せる選手。
IMG_3523.jpg

新潟は悲願のプレミア昇格を果たし今日が本当の意味でのプレミア初戦。
市船と公式戦で戦うのは初めてな筈。
東日本強豪高体連チームと公式戦、さらにはリーグ戦でシーズン通して戦えるということは選手達にとっては得難い体験だろう。
目標は「残留」が現実的だ。
なんせ「昇格チーム」である。
厳しい戦いになるのは承知の上(J1に昇格したJ2チームが昇格初年度を戦い抜き残留することの厳しさはJのサポーターならご存知の筈だ)
さらにプレミアイーストは10チームしかない。
降格枠は「2」
しかも今年の昇格チームは新潟とマリノス。
個人的に今年のマリノスは昇格即優勝というポテンシャルを秘めているチームだと思っている。
例年以上に「残留」は厳しいものと思っておいたほうがいいだろう。

さて、試合。

キックオフから試合序盤。
新潟はトップの堀くんが落として山下くんがサイドに展開。
左SB山賀和輝くんが良い位置取りで前へ。
左SH松岡翔太くんとのコンビネーションで左サイド高い位置までボールを運べる。
全体的に球離れよくボールを回せている。
ただしシュートに至るまでは崩し切れていない。
IMG_3526.jpg

市船は奪ってからの速攻が素晴らしく速い。
自陣でのボール奪取から前の選手は常に動き出しと動き直しでDFと駆け引き。
何度か新潟の裏を取る場面も。

前半15〜20分くらいまでは新潟もバイタルでボールが回せていた。
市船が仕掛けるロングフィードによるオフサイドギリギリの飛び出しもなんとかDFがカバーして抜け出させない。
ただし、、、
IMG_3529.jpg

前半33分、市船、右サイドから仕掛ける。バイタルで太田くんのポストを受けた野本くんがトラップから強烈なミドルシュート。
ゴール右隅に決まった。市船先制。1-0

前半36分、市船、左サイドから中央へ。野本くんにパスが通ると先制点と同じくトラップから間髪入れずのミドル一閃。市船追加点。2-0
さきほどと同じ形でやられてしまった新潟。
2点目はいささかボールへの詰めが足りなかったか。
IMG_3538.jpg

ここから市船の攻勢。
SBがガンガン攻撃に絡んでくる。
IMG_3530.jpg

防戦する新潟。
ゴール前でのこぼれ球を流し込まれ転がったボールはゴールラインを割りそうになるがGK池田快陽くんが飛びついてゴールライン上で執念のキャッチング。
IMG_3525.jpg

前半45分、市船FKのチャンス。右サイド遠目からだったが杉山弾斗くんが左足で直接狙う。
低い弾道のシュートかクロスか判別の難しいキック。
GKの前を斜めに走り視線を遮る市船選手の"アシスト"でゴールはそのままファーサイドのネットに。3-0
IMG_3540_201604092050356ef.jpg
IMG_3543.jpg

前半終了。

新潟は前半シュート0本。
序盤左サイドにはある程度進めるがそこからシュートまでが遠い。
加えて右サイドは市船に抑え込まれた。
バイタルで回せていた時間帯もあったが段々中盤でパスカットされるシーンが目立つように。
前線へのロングボールも狙うが空中戦は明らかに分が悪い。
市船のキャプテンCB杉岡大暉くんにことごとく競り勝たれ弾き返される。
IMG_3531.jpg

市船は理想的な試合展開。
カウンターの成功率は高くシュートまで持っていける。
勿論カウンターだけでなくポゼッションも十分出来る選手達。
正確な技術、精度の高いパス、高いボールキープ能力を備えている。
特に野本くんはキレッキレだった。
2点ともスピード、コースとも申し分のないミドル。
新潟の詰め、寄せが若干甘いと見るや思い切り振り抜いた。
IMG_3539.jpg

後半開始。
新潟は後半から松岡くんに代えて本間至恩くんをピッチへ。
ポジションは左SH。
IMG_3547.jpg

後半は新潟が右サイドを起点に攻撃に出る。
右SB長谷川くんが高い位置で攻撃に参加。
IMG_3555.jpg
後半25分には右SH中野優也くんに代えて広野直人くんをピッチへ。
IMG_3551.jpg
攻めるしかない状況故に多少バランスを崩しても人数を掛けて市船ゴール前へ迫る。
ボランチの丸山壮大くんが中盤から前へ出て行き前線に当ててリターンを受けてミドルを放つも枠外。

だが市船はどっしり構えている。
例え人数を掛けられても一対一の場面ではほとんど負けることはない。
逆に新潟の裏を突いて前線へ一気に縦パスを通す。
前線に1〜2人しかいなくてもシュートにまで持っていける。
バー直撃のシュートもありチャンスの数は市船が圧倒的に多い。
IMG_3549.jpg

後半41分、市船は中央から崩しシュート。DFに当たって跳ね上がった浮き球を後半途中出場の有田朱里くんがダイレクトボレー!
これが決まって市船リードを広げる。4-0

試合終了。

新潟のプレミアデビューはほろ苦いものとなった。
最終的なスコアは4点差だったが正直点差以上の差を感じた。
まず中盤でのパス回し、市船のプレスは速く強烈。
そこではちょっとでもトラップが流れたりターンが遅れるとあっという間に市船に寄せられ奪われてしまう。
パスの精度、スピード、受け手の位置取り、これもほんの僅かの誤差があれば決して見逃してくれない。
市船は一対一でも躱させないように距離をとり一人、二人と詰めてくる。
次第に追い詰められボールをロストしてしまう。
新潟が3〜4人でバイタルでボールを回していても市船は焦らない。
ボールホルダーに市船のプレスがじりじり選択肢を狭めていく。
4本以上パスが繋がることは稀という状況。
市船の網にかかってしまう。
そして市船は前線まで一本乃至二本のパスで正確に届ける。
後半になると新潟の攻撃パターンが読まれていた。
新潟のパスがカットされる場面が増える。
これはパススピード、精度の面もあるだろうが、、、、
プレーのモーションが大きいのと出し手と受け手だけで完結させようとし第三者の効果的な動きがないので守る方は予測しやすいのだろう。
ただ結果は残念だが、、、不謹慎かもしれないが、、、嬉しくもある。
これがトーナメントなら一回戦敗退。大会は終了だ。
だが、これはリーグ戦。
市船のような強豪チームと否が応でもシーズンを通して戦っていかなければならない。
「大きな差」を感じたのは確かだがこのチームがリーグ終盤にどう成長しているのか?
それを確かめることが出来たなら。
僕は今日の敗戦を「点差以上の差を感じた」と書いた。
が、リーグが終わってその差が少しでも「縮まって」いるなら。
そしてもし少しでも「上回っている」ところが観られたなら、、、
この敗戦は「点差以上の差」だったのかもしれないが。
もし将来「点差以上の差、それ以上の収穫」に変わるのなら。
最終的に新潟U-18にとって「収穫以上の成長」となるならば。
僕はそう願っているし、もし、もしそうなら。
これほど嬉しいことはない。
IMG_3563.jpg
IMG_3564.jpg

市船は完勝。
ソリッドな速攻。
当たり負けない体幹の強さ。
ゴールへの最短距離を突っ切る鋭い縦パス。
SBを含めたワイドな展開からのサイドアタック。
そして選手個々のトラップ、キープ、パス等技術の高さで新潟を圧倒した。
前線にポストとスピードでラインブレイクを仕掛ける太田くん。
その背後には西羽くん、野本くん、高宇洋くんが控えている。
相手にとっては驚異としか言いようがない。
さらに右SB杉山弾斗くんが弾丸のようにサイドを駆け上がってくる。
素晴らしかったのはCB杉岡くん。
新潟の攻撃を事前の読みと鋭い出足で何度も潰す。
潰しながらも前方にスペースがあればボールを前へ運んでいく。
また4点目をあげた有田くんや。
ドリブルとスピードでDFを翻弄した波多野治郎くんのような選手がベンチにいるということ。

この試合の"SMVP"は野本幸太くん。
素晴らしいミドルでの先制弾。
追加点も同じ様にミドルでゴールに叩き込んだ。
二列目から飛び出していく形で新潟DFを翻弄した
チャンスと見れば裏へ抜け出し、積極的にゴールを狙うストライカー。
IMG_3559.jpg
IMG_3560.jpg
IMG_3561.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ