開幕二試合目 〜高円宮杯U-18プレミアリーグ:FC東京U-18vs清水エスパルスユース〜



ワイ『Hotel Moonside』めっちゃ好きなんよね。
IMG_3518.jpgIMG_3517.jpgIMG_3519.jpg
ダンスもいいしああいう曲調大好き。
途中でキック抜いてハット連打になるとことか。
速水奏というアイドルにピッタリやと思う。
ちなみに速水奏参加の『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER jewelries!』
カバー曲は安室奈美恵の『Baby Don't Cry』をリクエストした。
絶対合うと思うんだよなあ。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ イースト
FC東京U-18vs清水エスパルスユース

IMG_3565.jpg

東京は4-4-2
今年は東京都クラブユース新人戦決勝で優勝した。

清水は4-4-2
中野優太くん平墳迅くんの2トップ。

さて、試合。

開始早々から清水にチャンス。
中央から短く、高いロビング気味のパスにPA内で平墳迅くんがジャンプしヘディングを合わせるもGK波多野豪くんがキャッチ。
さらには左サイド奥深くまでドリブルで進入しゴールラインぎりぎりの位置からシュート。
これはポスト直撃。
IMG_3575.jpg

東京も左サイド攻め込むとスィッチして中央へ切り込む。
PA内シュートまで持ち込むが清水が体を壁にブロック。
この時のプレーで東京は鈴木喜丈くんが負傷。
前半22分、鈴木くんに代わり平川怜くんがボランチに入る。

IMG_3570.jpg

清水、FK獲得。
ゴールほぼ正面だがやや距離がある。
平墳くんが弾丸のようなキックで直接狙うも枠上。
IMG_3571.jpg

前半終了。

東京は半谷陽介くんが前線でボールを受けると前を向いて勝負を仕掛ける。
半谷くんがDFを背にボールをキープしている時は松岡瑠夢くんが近くにいきボールを預かる。
松岡くんの右から思い切り良く打ったミドルはGKの正面。
左SB生地慶充くん左SH内田宅哉くんで左サイドから突破口を開く。
攻撃に関しては非常にスピーディー。
個々の選手が持ち過ぎることがない。
守備は清水のサイドアタックに振り切られるシーンが若干見られた。
が、CBコンビの蓮川壮大くん坂口祥尉くんが中央をしっかり固める。
GK波多野くんは大胆なPA外への飛び出しでDFラインの裏をカバー。
IMG_3567.jpg

清水の攻撃はあまり多くの手数をかけないシンプルなもの。
シュートで終わらせることが多く「攻め切る」ことが出来ていた。
シンプルと言ったが決して単調なわけではない。
平墳くんというパワフルなFWが前線にいることで相棒の中野くんが活きる。
中野くんの細かいタッチのドリブル、裏への抜け出し。
二人の相互作用でバイタルに清水の潮流を生み出す。
そしてボランチの佐野皓平くんが攻撃に彩りを加える。
例えば右サイドでの縦パスをダイレクトヒールで背後の選手へ。
右サイドをドリブルで駆け上がりながら逆足タッチでフェイント。
驚くようなスキルで東京DFを翻弄。
守備では長身CB立田悠悟くんが東京のチャンスをことごとく跳ね返す。
IMG_3566.jpg

後半開始。

清水はCB監物拓歩くんに代えて伊藤駿光くんをピッチへ(アクシデントだろうか)

清水は右サイドからの攻撃が活性化する。
望月陸くんがサイドでの一対一から高確率でDFを振り抜いて中央へ折り返す。

後半14分、清水は平墳くんに代えて平松昇くんをピッチへ。
後半36分には中野くんに代えて鈴木魁人くんを左SHへ。
IMG_3583.jpg

東京は後半15分に半谷くんに代えて鈴木郁也くん。
後半33分に松岡くんに代えて品田愛斗くんをボランチとして投入。

東京は右SB荒川滉貴くん右SH伊藤純也くんに鈴木くんが絡む形で右サイドから崩そうとする。
IMG_3573.jpg
だが清水の左サイドは左SB伊藤研太くんがガッシリ蓋をしている。
彼がファーストチェックで詰めながら的確な距離を保ち東京の攻撃を遅らせている間に守備人員が揃ってサイドを塞ぐ。

清水は若干全体が縦に延びていて中盤に人数が足りていないという状況になってきた。
だが少ないながらも上手くスペースを見つけてベストな位置取りから最小限のパスでアタッカーまで繋いでくる。
サイドを目一杯使い単独でもガンガン仕掛ける。

後半41分、清水に右CK、平松昇くんのキックはゴール前の立田くんの頭に。
立田くんが右斜め前方に落としたボールに鈴木くんが体勢を崩し倒れながらも左足をしっかり合わせた。
シュートはコース左に転がっていきゴールネットを震わせる。清水終了間際で先制。1-0
IMG_3578.jpg
IMG_3579.jpg
IMG_3580.jpg

試合終了。
清水エスパルスユースがプレミア開幕戦を飾る。

東京は最後まで清水の守備ブロックを崩し切ることが出来なかった。
中盤からバイタルまでの速いテンポでのパス回しは素晴らしい。
そこからのワンアクションというか一工夫があれば。
後半途中出場の鈴木郁也くんは攻めのアイデアが豊富で引き出しを多く持っている選手。
バイタルで何かを起こしてくれそうな期待感を抱かせる選手だ。
また前半22分にボランチの鈴木くんが負傷でピッチを後にしたことの影響も大きいだろう。
新人戦の決勝で観た時の彼はまさに攻守の要であり、特に守備から攻撃への展開という大きな役割を担っていたからだ。
敗れたとはいえキャプテンCB蓮川くんの存在は頼もしい限り。
この日は風が強くハイボールの落下点予測が非常に難しい筈だったが冷静に対処。
危険なゾーンを察知する能力が高く、先手を打ってカバーしている。
クリア一つとっても普通に前へ蹴り出しているように見えるがしっかり前方の味方の位置を見極めて攻撃に繋げようとしている。
IMG_3584.jpg

清水は前半、中野くん平墳くんの2トップがチームに攻勢をもたらした。
後半、交代でこの二人がピッチを後にしても交代で入った選手達がまた違った攻撃のバリエーションを繰り出す。
後半途中出場の鈴木くんがゴールしたように選手交代も効果抜群。
前後半を通じて果敢なサイドアタックでサイドを掌握。
観ていて小気味良くなるほどガンガン仕掛ける。
アタッカーがサイド奥深くまで入り込んでいるので自然とCKが多くなる。
得たCKをキッカーの佐野くんが百戦錬磨の砲兵のような高精度のボールを東京ゴール前陣地へ着弾させる。
このパターンが終盤の決勝点に結実した。

この試合の"SMVP"はCB立田悠悟くん。
決勝点のゴールを頭でアシストした。
守備ではFC東京を完封する事に貢献。
189cmという長身CB。
だが機動力がある。
前半、思い切った飛び出しによるインターセプト。
そして奪ったボールをそのままドリブルで運ぶという溌剌としたプレー。
数値では測れないし戦術的なものでは説明できないがこういうプレーはチームが「ノッて」来る。
IMG_3589_20160410072207728.jpg
IMG_3587.jpg
IMG_3586.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ