やがて笛が鳴る ~高円宮杯U-18 プリンスリーグ関東:三菱養和SCユースvs川崎フロンターレU-18〜

プリンス関東はプレミアと同じく先週開幕。
雨が懸念されたが起きてみれば快晴。
巣鴨グラウンドへ。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プリンスリーグ関東
三菱養和SCユースvs川崎フロンターレU-18

IMG_3593 (1)

養和は今年の東京都新人戦決勝と同じ3-4-3、、、
とも思ったが4-4-2かもしれない。
前線は八木原匠くん平山駿くん戸張颯太くん。
ボランチは齋藤一くんと石田明くん。
右WBに久保井俊喜くん左WBに高橋ラシードくん。
CBは右から杉山耕二くん佐々木陸生くん伴武宏くん。
GK塚田匡壮くん。
3-4-3だとこういう布陣だと思ってたが試合を観ていると動き的に八木原くん平山くんが2トップ。
戸張くんと高橋くんがSH。
久保井くんが右SBの4-4-2にも見える。
今年度のプリンス関東のパンフレットを読むと養和は監督が代わっていた。
山本信夫さんではなく増子亘彦監督になっている。

(背番号、選手名などの間違いがありましたらご指摘下さい)

川崎は4-2-3-1
神奈川県新人戦準決勝で観た時と布陣は同じ。
この試合でアンカーをやっていた村田聖樹くんはこの試合トップ下。
ボランチは田中碧くんと池谷祐輔くん。
前線には宮代大聖くん。

さて、試合。

キックオフの笛の音が鳴り響き残響が消えぬ間に養和は前線からタイトなプレス。
平山くん八木原くん戸張くんがボールホルダーに素早く詰める。
IMG_3594.jpg


IMG_3603 (1)
養和のプレスをある程度受け切った川崎はショートパスを織り交ぜながら養和陣内へ。
川崎、左から展開し右サイドでボールを受けた大曽根広汰くんがPA内へGKと一対一でシュート。
ファーのコースを狙ったが僅かに枠外。
IMG_3598 (1)
さらに川崎、左SB川崎晶弘くんのクロスをゴール前フリーになった宮代くんがダイビングヘッド。
決定的だったがこれは浮き過ぎてしまいボールは枠上へ。
IMG_3606 (1)

養和は中央の齋藤くん平山くんから左の八木原くんへスルーパス。
八木原くんがPA内まで持ち込んでGKと一対一になりシュートもGK新居俊介くんが飛び出しで距離を詰めて体を投げ出してブロック。
IMG_3614 (1)
こぼれ球を齋藤くんがグラウンダーでコース左に狙うが枠の外。
IMG_3608 (1)

前半終了。

養和はボランチの齋藤くんが中盤で。
平山くんが前線から降りてきてゲームを組み立てる。
右サイドでは戸張くんがボールをキープし久保井くんが積極的に駆け上がってくる。
戸張くんが右サイドをかなり広範囲にカバー。
サイドだけでなく中央まで。
バイタルではトップの平山くんと八木原くんに齋藤くんが絡んでボールを後ろに引き戻し。
八木原くんの裏への走り出しからワイドに開いたサイドへなど大小のパスで川崎のブロックを揺さぶる。
ただ中盤からバイタルで少し勿体無いパスミス、連携ミスがあった。
IMG_3612 (1)

川崎はボランチの田中くんが中盤でのボールの収め所として活躍。
相棒の池谷くんとルーズボールの回収、スペースのカバー。
そして左右にボールを配給する。
試合序盤は養和のプレスに苦しめられたが徐々にボールを持てるようになり攻勢に出る。
前線の宮代くんがDFを背にしながらボールをキープ。
ポストプレーだけでなく自ら仕掛ける。
IMG_3619 (1)

後半開始。

後半から養和は八木原くんに代えて長岡龍之介くんをピッチへ。
そのままFWの位置に。

川崎、中央から栗脇くんが抜け出しGKと一対一もGK塚田くんが飛び出してきてブロック。
IMG_3626 (1)

前半9分、養和の高橋くんが左から中央へ入ってくると右にいた平山くんへラストパス。
平山くんが右から逆サイドのコースを狙い撃ち。養和先制。1-0
IMG_3615 (1)

川崎ゴール中央やや左でFK獲得。
キッカーは小川真輝くん。
IMG_3623 (1)
壁を超えたボールはスピード充分。
だがバーを直撃。

後半26分、川崎がPA中央で宮代くんがボールキープからシュート。
GK塚田くんがブロックもこぼれ球を栗脇くんがシュート。川崎同点。1-1

養和は右サイドからの展開。
長岡くん平山くんと繋いで逆サイドフリーの高橋くんへ。
高橋くんのシュートは枠内にしっかり抑えたシュートだったがGK新居くんが右に横っ飛びでブロック。
IMG_3621 (1)

養和、左20m程の距離でFK獲得。
キッカーは齋藤くん。
IMG_3638 (1)
これは壁がブロック、体で弾きかえす。

IMG_3631 (1)
川崎、後半途中出場の藤井柾人くんがフリーで右サイドボールを受けるとそのままPAまで持ち込みシュート。
これは枠の上。

ロスタイムは3分。

川崎が最後の猛攻。
右から切り込んでシュート。
DFに弾かれるがこぼれ球がPA僅かに外ゴール中央へ。
走り込んで蹴り込もうとするも養和の齋藤くんがスライディングで執念のシュートブロック。
ボールは大きくサイドラインを超える。
ここでタイムアップの笛が鳴る。

試合終了。
1-1のドロー。
見応え充分な試合だった。

養和は先制点の流れが非常に良かった。
左サイドの高橋くんが中央へ切り込み右サイドの空いたスペースの平山くんにパス。
大胆な仕掛けから川崎DFのブロックを動かし隙間を作り出した。
平山くんは前線に張るだけでなくトップ下的な役割も求められる。
さらに前線からのプレス、時には中盤の底までカバーし川崎のボランチを自由にさせない。
かなり役割と運動量の多いポジションだがその中で得点という結果を出した。
終盤は中盤がややルーズになったところで齋藤くんの縦パスが何本か決る。
彼が前に出て石田くんと縦の関係になり前線と絡むことで養和の攻撃に厚みが出る。
IMG_3641 (1)

川崎は前半は攻め込みチャンスを作ったがノーゴール。
ブロックをしっかり堅める養和の前にショートパスの連打で崩していくサッカーをなかなかやらせてもらえなかった。
ただし大きくサイドに展開し養和を外側から切り崩す。
ボランチの田中くんのボールキープは卓越していて2〜3人に囲まれても脱してしまえる。
CB新井秀明くんは自陣での守備だけでなく攻撃参加も。
新井くんはCBから後半途中右SBに正確なプレースキックが際立っていた。
トップの宮代くんは去年中学三年生ながらU-18としてプリンス関東の試合に出場。
ポストプレーにドリブルからシュートまで。
一年生FWとしては思えない堂々としたプレー。
IMG_3642 (1)
IMG_3643 (1)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ