Break On Through (To the Other Side) ~高円宮杯U-18 プリンスリーグ関東:三菱養和SCユースvs前橋育英高校〜

今日試合観戦の帰りに巣鴨のゲーセンでシンデレラガールズの一番くじ引いてきたで。
ワイはG賞のラバーストラップやった。
IMG_3755.jpg
加蓮と奈緒(ランダムだと思ったけど選べた)
同行のK氏はF賞のマフラータオル(シンデレラガールズに興味無いけど引いてもらった)
IMG_3756.jpg
IMG_3757.jpg
小梅ちゃんをチョイス。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プリンスリーグ関東
三菱養和SCユースvs前橋育英高校

IMG_3724.jpg

養和は3-4-3
前の三人はトップに八木原匠くん。
長岡龍之介くんは主に右サイド。
平山くんがトップ下的なポジション。

前橋育英は4-2-3-1
トップに馬場拓哉くん。
キャプテンはボランチの大塚諒くん。

さて、試合。

最終ラインの杉山耕二くんからのロングフィードに前線の八木原くんが裏へ抜け出す形が何度か。
IMG_3735.jpg

前半16分、養和が中盤からロビング気味にラインの裏にボールを落とすと八木原くんが抜け出して受けPAへ。
GKと一対一、DFに引っ張られ倒れながらもシュートを放つ、ボールはGKの脇を抜けゴールへ転がっていくが前橋DFがゴールラインギリギリで執念のスライディングクリア。
前橋間一髪....と思ったが主審が笛を吹きPKスポットを指差す。
シュート前の倒したプレーにPKの判定。
さらに決定機阻止で前橋のDFが一発レッドで退場。
このPKを平山くんがゴール左に決めた。
IMG_3726.jpg
養和先制。1-0
IMG_3728.jpg

一人少ない前橋はCB角田涼太郎くんをピッチへ。
4-4-1に布陣変更。

前橋やや遠目の右からFK。
高沢颯くんが直接ゴール右上段を狙うが枠の上。
IMG_3732.jpg

前橋がカウンターから前線の馬場くんがボールを受ける。
DFを背負い粘りのキープから上がってきた高沢くんにポスト。
高沢くんがバイタルからシュート、これはバー直撃。
IMG_3734.jpg

前半終了。

養和は先制点に繋がった八木原くんの飛び出しが素晴らしかった。
再三のラインブレイクで裏へ抜け出す。
スピードも勿論あるがクイックネスが抜群。
ヨーイドンからごく短い距離でDFを引き離せる。
前線へボールを供給する杉山くんによるフィードの精度の高さと実に良く噛み合った攻撃。
杉山くんは右サイド大きく開いて高い位置を取る。
また決してロングボール頼みのサッカーではなく石田明くんと齋藤一くんのボランチコンビが精力的にセカンドを拾い、ボールを捌く。
齋藤くんは前線で積極的に攻撃に絡み、前からプレスを掛ける。
それをカバーするのが平山くん。
前線でのポスト、チャンスメイクだけでなく中盤の底まで下りて来てゲームを組み立てる。
IMG_3731.jpg

前橋は失点だけでなく一人退場というビハインドを背負ってしまった。
ただし10人になってからもチャンスは作れていた。
ボランチの長澤昂輝くんが中盤の底で養和の攻撃を食い止めカウンター。
大塚くんも積極的に前へ。
前線の馬場くんにボールを預けるかSHが裏のスペースを狙い長い距離を走る。
サッカーの不思議な所でもあるのだが前半の終わり頃は前橋が優勢。
一人減り、やることがシンプルになる事で逆に上手くいくということもある。
IMG_3739.jpg

後半開始。

養和は八木原くんが交代。
中村敬斗くんをトップに
IMG_3748.jpg

前橋は後半から飯島陸くんをピッチへ。

前橋がゴール前へクロス。
GKが飛び出してパンチングで弾いたボールを大塚くんがヘッドでGK不在のゴールへループ気味のシュート。
ゴール手前で養和のWB久保井俊喜くんがヘデイングで弾き出しなんとか枠上にクリア。
クリアボールがバーに当たる程のギリギリのクリア。
IMG_3736.jpg

後半開始早々の決定機から流れを掴み前橋がしばらく主導権を握る展開。
ワンボランチの様な形にして前線へ人数を掛ける。
さらに交代で入った飯島くんが右サイドでボールを持てる。
右SB後藤田亘輝くんがオーバーラップしサイド攻撃の圧を増す。
DFラインも高く保ち中盤のスペースを埋めてセカンドを拾う。
養和を全体的に押し込むことに成功。
IMG_3746.jpg

養和は左サイドから突破口を作る。
左WB高橋ラシードくんが高い位置を取り積極的に仕掛ける。
養和の3バックは左から杉山くん佐々木陸生くん伴武宏くんという並び。
左サイドにボールが渡ると右WBの久保井くんが下りてきて伴くんがSBの様に持ち上がる。

前半20分、養和の平山くんがバイタル右から右足ミドル。ファーに決まって養和追加点。2-0
IMG_3740.jpg

前半32分、養和が右サイド遠くでFK。キッカーの長岡くんはゴール前ではなくグラウンダーで横パス。
一人スルーし、バイタル中央で受けた中村くんがシュート。
DFに当たって軌道が変わったかな?コース右に決まる。3-0

養和は後半途中交代でピッチに入った森田大喜くんや小畑慶太郎くんがガンガン仕掛ける。
サイドからのクロスにあと一歩というシーンも。

後半ロスタイム、養和は左サイドからの折り返しを中村くんが受けコース右へシュート。4-0
IMG_3749.jpg
ボールを受けてからシュートまでが実に落ち着いていた。
打ち急いでコースを外すこともなく冷静にGKとコースを見据えたシュート。
GKにとって「見られる」というのは非常に厄介。
なぜならタイミングを合わせ辛い。
ダイレクトで打ってくれた方がタイミングが取り易いということが往々にしてある。

試合終了。

前橋は一人少なくなってからもバー直撃弾など決定機を作り出す。
後半開始からしばらくは前橋ペースで試合が進んでいた。
飯島くんが入って右サイドの攻撃が活性化。
テクニックのある飯島くんがキープして相手を引き付ける。
さらに一人、二人と躱していけるのでその瞬間は数的不利は無効に。
ここで一点を取って同点になっていれば試合はどう転んでいたわからない。
IMG_3754.jpg

養和はボランチコンビが安定。
石田くん齋藤くんが縦の関係になり中盤の構成だけでなく攻撃に絡む。
さらに二人の異なるタイプのFWが結果を出した。
八木原くんは得点やアシストという記録には残らないかもしれないがある意味試合を決定付ける大きな仕事。
後半から出場して2得点の中村くんはボールの受け方が良い。
一年生だが去年中学三年生でプリンスリーグに出場している。
トラップが正確でボールが流れることなく足元にピタリと収まる。

この試合の"SMVP"は平山駿くん。
2得点という結果以上に驚くのはその運動量、、、というか"仕事量"
去年はトップで出場していたが10番を付けた今年は少し下り目の位置に。
FWとしては勿論トップ下から中盤の底までカバー。
ポストプレーからチャンスメイク。
さらに最終ラインの前でのビルドアップまでこなし。
尚且つフル出場。
IMG_3751.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ