Shine!! 〜関東大学サッカーリーグ戦:中央大学vs青山学院大学〜

【モバマス】第5回シンデレラガールズ総選挙結果発表!
22.png
島村さんおめでとうございます!
しかし楓さん凄えな。
2012年の第1回総選挙11位から→3位→7位→3位ときて今年2位。
12.png
三船さんと森久保ぉとよしのんもおめでとうございます。
よしのんは16歳だから森久保ぉより年上なんだなあ。
36.png
肇ちゃん10位は中間発表のメンバー見るとベストテン入りは厳しいかな?と思ったけど上げてきた。
肇P(とおじいちゃん)おめでとう!
シュガハさんは大躍進やな。
ちなみにワイは西園寺琴歌お嬢様に375票ほど投票。
スクリーンショット 2016-04-19 6.37.10
お嬢様をシンデレラガールにするためには恐らく投票券の数が3桁程足りてないし(仮に期間中にガチャが来てもハッキリ言って50以内に入るのは無理やったと思う)
でもワイは満足や。

JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦 2部
中央大学vs青山学院大学

IMG_3902.jpg

中大は4-2-3-1
トップは矢島輝一くん。
右から古橋匡梧くん山口陽一朗くん翁長聖くんという並び。

青学は4-2-3-1
トップは福井康太くん。
トップ下に小泉佳穂くん。
山田武典くんと瀬川泰樹くんのボランチ。

さて、試合。

前半3分、中大の矢島くんがバイタル左で受けるとターンして左足でミドル。コース左に決まった。中大先制。1-0
矢島くんは確か利き足は右だったと思うが素晴らしい左足でのミドル。
持ち替えている余裕は無かった。
コース的にもベターな選択だったしベストな結果だった。
IMG_3904.jpg

前半7分、中大CK、左から飯干雄斗くんのキックは直接ゴール上段へ。
GKがジャンプして枠外に弾き出そうとするもバーに当たり、落ちてきたボールにゴール前中央の矢島くんが合わせて押し込んだ。2-0
IMG_3905.jpg

前半12分、中大の古橋匡梧くんがCBからGKへのバックパスを掻っ攫いそのままGKを躱してシュート。3-0
IMG_3910.jpg
中大はちょっとCBとGKお互いの判断が曖昧なところがあった。
非常に良くない点の取られ方。

前半27分、中大はボランチの早坂翔くんが相手と接触して負傷交代。
三島頌平くんがボランチ入る。

青学、左ウィングの窪園大地くんが左サイド縦へのドリブルからDFラインの裏を狙う速目の鋭いクロス。
ライン裏へ抜け出した小泉くんがジャストでヘディングを合わせるが惜しくもGKの正面。
IMG_3907.jpg

中大CKからCB上島拓巳くんがマークを外してヘディングを合わせるも枠外。

前半終了。

中大はあれよあれよという間に3得点。
ワイドな展開とソリッドな速攻を融合させていた。
セカンドも良く拾えていてボールを失っても中盤のプレスで青学の攻勢を削ぐ。
セットプレーも相手にとって脅威。
長身FWの矢島くんではなくCB上島くんがターゲットに。
ただ早坂くんの負傷交代が少し気掛かり。
早坂くんはマリノスユース出身。
この試合中盤で精力的にボールを触り時折一列上がって攻撃に絡んでいた。
IMG_3908.jpg

青学は前半12分で3失点という立ち上がり。
失点シーンだけでなく細かいパスミスが目立つ。
特に3失点目が明らかな連携ミスからというもの。
ここからさらにガタガタッと崩れるかな?と思いきやさにあらず。
ボランチ山田くんが起点となって左右両サイドから中大に切り込む。
得点にこそならなかったが攻撃の形は出来ていた。
試合展開としては前半終了間際には互角ぐらいに立て直す。
IMG_3916.jpg

後半開始。

青学は後半から森くんに代えて伊藤光輝くんをピッチへ。
伊藤くんはFWの位置に入り森くんと2トップの様な関係に。
IMG_3919.jpg

後半4分、青学は左からのCK。キッカー小泉くんのゴール前へのボールにCB中島康輔くんがヘディングを合わせる。
コース右、GK横っ飛びで触るもヘディングの勢いが強くコースを変え切れず。そのままゴールイン。3-1

青学は後半から小泉くんをボランチに下げた。
布陣も4-4-2気味に。
これが効いた。
中盤に落ち着きが出てボールを持てるようになった。
SBの押し上げを待ってサイドへ展開し、状況を見て一度中央へ戻して組み立て直す。
IMG_3915.jpg
青学は後半17分に福井くんに代えて大坂孝太郎くんをピッチへ。

中大は左サイド翁長くんが青学の攻め上がった後ろのスペースを狙う。
最後方からサイド縦に一本でなんとかなってしまうのが強み。
IMG_3921.jpg
ただし前半と比べてややトップの矢島くんと周囲の選手との距離が開き気味に。
IMG_3922.jpg
中大は後半23分に山口くんに代えて寺村介くんをピッチへ。
後半30分には翁長くんに代えて桜井昴くんをピッチへ。
IMG_3928.jpg

青学は後半35分ボランチ山田くんに代えて尾ノ上幸生くんを投入。
IMG_3926.jpg

後半38分、青学は小泉くんからのパスをバイタルやや左で受けた伊藤くんが右のスペースへ走りこむ窪園くんへラストパス。
窪園くんがPAまで持ち込み右足でファーに思い切り蹴り込んだ。3-2
青学見事なパスワークからの得点。
時間は残り10分あるかないかだが。
同点は勿論、逆転も十分射程圏内。
IMG_3918.jpg

中大は大きなクリア、コーナー付近でのボールキープで試合をクローズさせようとする。
青学のロングボールは渡辺くんと上島くんのCBコンビがことごとく跳ね返す。
IMG_3924.jpg

試合終了。

青学は3失点から一点差にまで追い上げる。
DFラインから繋いでいくサッカーは変えず。
キーポイントは後半からの伊藤くんの投入とボランチの小泉くん。
伊藤くんトップ下的なチャンスメイクが出来る。
2点目の様なラストパスが象徴的でバイタルで決定的な仕事をしてくれる
そして小泉くんがボランチに下がることで前半仕事量の多かった山田くんの負担が軽減された。
DF陣も後半シュート数は中大の方が上だったが無失点に抑える。
左SB椿健太郎くんは中大のスペースへの走り込み、ドリブルでの仕掛けに辛抱強く対応。
IMG_3940.jpg

中大は前半を3-0で折り返したが終わってみれば3-2というギリギリの勝利。
前半12分までに畳み込む様に得点を重ねる事で試合を決定付けた。
後半は青学ペースの時間帯もあり特に両SBの持ち上がりが制限されてしまった感があったがソリッドな速攻は変わらず。
逆にスペースが産まれる事でSH翁長くんのキレあるドリブルが活きた。
彼はかなり長い距離を走っていた筈だが交代まで果敢にゴールライン際までドリブルで持ち込む。
間伸びがちになった中盤を支えたのがボランチの飯干雄斗くん。
後半は中盤の底でのプレスとセカンドボール回収。
フル回転で前線とDFラインを繋ぎ、惜しいミドルも放つ。
CBでは上島くんが目立っていた。
空中戦の強さが特にセットプレーで際立つ。
185cmと長身ではあるが身長とフィジカルだけで競り勝っているわけではない。
いつの間にかマーカーを振り切っている動き出しの良さ。
中大のFK、CKでは大きな武器となっていた。

この試合の"SMVP"は矢島輝一くん。
2得点という大きな仕事。
後半はゴールに向かうシーンが減ったが前線で体を張りボールをキープ。
責務を全うする。
先制点のミドルや楔のパスをヒールでポスト(よく見掛ける)など所謂「長身FW」とはちょっと違うタイプ。
186cmだから充分「長身」なのだが.....
よく長身FWを評する際に使われる「デカイけど技術(テクニック・スキル)がある」という常套句より「技術(テクニック・スキル)のある選手がたまたまデカイ」というほうが腑に落ちる感がある。
僕の貧弱な語彙ではちょっと説明しきれない「キラキラした何か」を持っている選手。
IMG_3942.jpg
IMG_3934.jpg
IMG_3937.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ