J2は眠らない... "東京ヴェルディvsカターレ富山"

さて、W杯まっ只中の今日このごろ。
J2は休みません。
駒沢に東京ヴェルディvsカターレ富山を観戦しにいって来ました、、、

の、前にフランスvsウルグアイ戦について簡単に。

●フランスのGKウーゴ・ロリスがベビーフェイスの美顔でした。
フランスの成績に関わらず人気が出そうですね。

●液晶地デジのお陰か国際舞台の効果か西村主審がいつもより2.5倍男前に見えました。
「世界のNISHIMURA("無我"じゃないほうの)」

以上。

さて、東京Vvs富山。13:00キックオフの炎天下。
屋根付きのSゾーン席してよかったなと。

注目は東京Vの河野。
登録上平本と2トップになっていましたがむしろ"トップ下"という感じでポジションに捕われず自由な位置取りでゲームを演出していたと思います。

今日も撫でて、叩いて、転がして。

彼が将来どんなチームでどんなプレーヤーになるのか興味深いところ。
チーム、監督によっては使いどころに思索を要する選手なのは確か。
オシムなら、、、

「サッカーはサーカスではない」

と苦言を呈しそうですし。

トルシエなら、、、

「お前は小野か!?」

と怒りだしそうです。
あと関係ないけど、、、

「パリをなめるな!!!」

とも。
僕は観てて面白いから好きですけどね。
フットサルに転向しても充分やれるような気がします。

カターレは初めて観たチームですが黒部、苔口の2トップとはJ2では豪華な顔触れ。
前半の苔口は実に良い働きをしていました。
元々スピードに定評のあった選手ですが今日は下がってボールを引き出したり、捌いたり、前線でポストしたりと富山の攻撃を支えていたと思います (後半はちょっと機能しきれていなかったけど...)
富山の攻撃はカウンター時のワンタッチ、ツータッチで素早く繋ぐ、ヒール、スルーを使って守備陣のギャップを生み出す意図は充分伝わりました。
観てて爽快でしたね(ラストパスの精度でやはり「あぁ...」という感は否めませんでしたが)

まぁ今日のMVP土肥さんでしょう。
GKの特殊技能の一つである『帳尻を合わせる』能力が発動していました。

2010061212190000.jpg
2010061213040000.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ