天皇杯への道 〜第21回東京都サッカートーナメント:早稲田大学vs明治学院大学〜

デレステの名刺作ったで。
IMG_4372.jpg
西園寺琴歌お嬢様をよろしくお願いします。

第21回東京都サッカートーナメント(天皇杯東京都予選決勝)
早稲田大学vs明治学院大学

IMG_4374.jpg

早大は4-4-2
CBだった飯泉涼矢くんをFW起用。
右SHに相馬勇紀くん。

明学大は4-4-2
関東大学サッカーリーグ2部所属。
初めて観る大学だ。

さて、試合。

早大、中盤ボランチの鈴木裕也くんから左サイドの秋山陽介くんへ展開。
秋山くんがサイド深く抉ってのクロスをゴール前で飯泉くんが合わせるもGK松田健太郎くんがブロック。
IMG_4378.jpg

その後も早大はサイドからのクロス。
またCKでゴール前へ何度もボールを上げるが合わなかったり枠を捉えきれない。

明学大もサイドから切り込みショートパスを駆使して早大のバイタルまでボールを運ぶ。

前半ロスタイム、明学大がFK獲得。左サイド45m程。直接狙うにはやや遠い距離。
キッカーはFW黒石川瑛くん。
ゴール前のターゲットに入れたボールに早大DF競り合うも触れず。
ボールはそのままゴールの右へ。明学大先制。1-0
直接FKが決まったと思っていた(会場アナウンスも黒石川くんのゴールと言っていたので)が後にアナウンスでDF高橋龍也くんのゴールと訂正。
ゴール前の競り合い時にヘッドで触っていたようだ。

前半終了。

早大は前半終了間際に失点。
それまで冷静に対応し、抑えていただけに痛い。
だがペースは早大が握っていた。
ボランチの鈴木裕也くんが的確に左右にボールを散らしている。
右サイドは相馬くんのドリブル突破からのクロス。
左サイドはSB木下諒くんが積極的なオーバーラップ。
上下左右から明学大ゴール前へボールを集める。
ゴール前には飯泉くんという明確なターゲットがいるためやり方はハッキリしている。
ロングボールも飯泉くんが頭でフリックし2トップを組む中山雄希くんがライン裏を狙う。
2トップは攻撃だけでなく前線からのプレスも精力的。
明学大に楽にビルドアップさせない。
失点してしまったが内容的には焦る必要は無いだろう。
IMG_4377.jpg

明学大は非常に理想的な前半の終わりかた。
早大にボールを持たれる時間が長かったが最後のワンチャンスをモノにした。
チームとしては長いボールを蹴ってくることもあるがロングボール一辺倒の攻撃では決してない。
サイドでは非常にスピーディーに細かく繋いでくる。
FW黒石川くんが左サイドに流れてスピードを活かしDFラインの裏を取る。
スピードだけではなく細かく刻むドリブルも特徴。
一人でもバイタルで仕掛けられる選手だ。
IMG_4381.jpg

後半開始。

明学大、鳥谷部嵩也くんがバイタル中央でボールを持つとそのままDFに囲まれてもしっかりキープしつつドリブル。
何度もチェックを受けたがボールを離さずPAまで持ち込んでシュート。
コース左に飛んだシュートはGK後藤雅明くんが横っ跳びでしっかり両手でキャッチ。
IMG_4389.jpg

明学大は後半の入り方が良かった。
前線に入れたボールが跳ね返されても中盤でセカンドボールをしっかり拾えている。

早大、右サイド相馬くんからオーバーラップしてきた右SB新井純平くんへ繋がると新井くんがクロス。
ファーで飯泉くんがヘッドを合わせるもゴール左僅かに枠外に逸れる。
IMG_4387.jpg

後半15分、早大は自陣からのロングフィードに前線で相馬くんが中央突破。
DFを振り切ってGKと一対一という決定機。
必死に付いて来ていた明学大のDFが足を引っ掛けて倒してしまいファールの笛。
IMG_4388.jpg
ギリギリPAの外だったがこのプレーでDFに一発レッドカード。
明学大は一人退場者が出てしまい10人となる。
早大はほぼ中央の位置でFK獲得。
キッカーのポジションには秋山くんと相馬くん。
IMG_4393.jpg
相馬くんが壁の間を抜けるシュートをコース左に突き刺した!自ら獲得したFKを自らの右足で!早大同点。1-1
IMG_4395.jpg
IMG_4398.jpg

明学大は同点にされた上に一人少ない状況。
前線に一人か二人を残し引き気味に試合を進める。
IMG_4390.jpg

早大はこの得点で試合を自分達のペースで進める。
中央を固める明学大に対し左サイドでボールを保持しつつ寄ってきたところをスペースが空いた右サイドへ大きく展開。
明学大はサイド大きく開いた早大につききれない。

後半25分、早大鈴木裕也くんが左サイドからクロス。
中央で中山くんが胸トラップから左足シュート。これが決まって早大逆転。2-1

早大、中盤からのフィードを前線の中山くんがゴールに背を向けたまま右足アウトサイドでダイレクトシュート。
ゴール上段を捉えたシュートはGK松田くんが左手一本で枠外に掻き出す。
IMG_4405.jpg

明学大はロングボールかセットプレーでのパワープレーでチャンスを狙う。
ロングボールに対して早大はターゲットだけでなく前線がプレスに奔走しキッカーにチェイスをかけることで精度を乱す。
特に飯泉くんは後半40分に柳沢拓弥くんと交代するまで(観ているこちらが心配になる程)献身的に走り続けた(DF陣にとって前線のプレスがいかに助かるかというのを元CBだから理解しているのかもしれない)
IMG_4406.jpg

試合終了。
2-1で早稲田大学が勝利し天皇杯出場決定。
一回戦はグルージャ盛岡と対戦する事が決まった。

明学大は敗れはしたが強く印象に残った。
攻撃陣は鳥谷部くん黒石川くんのように能力が高く仕掛けられる選手がいる。
守備陣も同点にされるまでは早大の攻撃をしっかり跳ね返し続けていた。
一人退場してしまってからはロングボール一辺倒になってしまったが細かく繋いでボールを運べる。
カウンターもキレがあった。
パススピードが速く、かつ正確に、そして最小限のボールタッチで前へ。
(こう言っては失礼かもしれないが)想像以上に良いチームだった。
IMG_4418.jpg

早大は後半で試合を引っ繰り返した。
見事だったのは同点後から逆転、そして試合終了までチーム全員のコンセンサス。
一人一人が「チームにとって必要なプレーはなにか?」という共通意識を持っていた。
FWの飯泉くんや中山くんが前線から惜しみないプレッシング。
取りきれないとしてもロングボールの出し手に対してプレッシャーをかける事がチームにとって多大な貢献となる。
飯泉くんはCBでも三菱養和の時からセットプレーでの得点源だっただけに空中戦の強さに疑いはない。
相馬くんから飯泉くんという三菱養和のホットラインは早稲田の大きな武器になりそうだ。
今来俊介くんと鈴木裕也くんのボランチコンビも後半の守備では相手のカウンターの線を断ち切る為に中盤の前後左右をカバー。
また、新井くんのキャプテンシーも重要な要素の一つだろう。
攻め上がりと正確なクロスというプレー面は勿論。
後方でコーチングによりチームメイトに指示を出す。
称賛し時に叱咤する。
プレーだけでなく”声”で貢献。

この試合の"SMVP"は相馬勇紀くん。
同点弾のFKは見事!
またそのFK獲得のファールを誘発したドリブル。
同点+一人退場という結果に。
彼のワンプレーが試合の流れを作ったと言っていいだろう。
剃刀の様なドリブルとボウガンの様なクロス。
CKも任されている様にセットプレーの要。
攻撃面だけでなく今日のような試合は献身的なプレス&チェイスがチームを助けた。
IMG_4413.jpg
IMG_4414.jpg
IMG_4422.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ