晩秋 〜関東大学サッカーリーグ戦:明治大学vs桐蔭横浜大学〜

ANIPLEX+からカード届いてた。
IMG_4788.jpg
何か買ったっけ?と思ったけどそういやラブライカTシャツ買ったわ。
でも一回も着てないねんな。
着よう、着ようと思ってるうちに夏が過ぎていったわ。
イベントじゃなくても使えるようなイカしたデザインなんやけどなかなか機会がないんよね。
img16-2_20161101132823c5a.jpg
イベントと言えばシンデレラガールズの合同イベント行ったらサガン鳥栖ユニの人が何人かおって。
まあ鳥栖とはコラボしてたしわかるんやけど何故かエスパルスユニの人がおったなあ。
サポーターなのかそれとも静岡出身アイドルのPなのか。

JR東日本カップ2016 第90回関東大学サッカーリーグ戦
明治大学vs桐蔭横浜大学

IMG_4764.jpg

明大は4-4-2
岩田拓也くんと丹羽詩温くんの2トップ。
明大は既にリーグ戦優勝を決めている。

横浜は4-4-2
GK田中雄大くんCB八戸雄太くんボランチ山下優人くん。
センターラインの三人が青森山田出身者。
横浜は残留戦線の真っ只中。

さて、試合。

明大、丹羽くんが左サイド深くから中央ドリブルで抉って持ち込みシュート。
これはサイドネット、やや角度がなかったか。
IMG_4776.jpg

横浜、右サイド遠目からFK。
キッカーは山下くん。
IMG_4768.jpg
右足で大外からファーに走り込んで来たフリーの眞鍋旭輝くんに合わせた。
眞鍋くんがヘディングシュート、枠内捉えるも明大GK服部一輝くんが正面でガッチリキャッチ。
IMG_4772.jpg

前半終了。

明大が若干押し気味、ラインを高く保ちコンパクトで選手同士の距離感も良い。
だが決定機がなかなか作れない。
ボールは回せている、ボランチの柴戸海くんが中盤でバランスを取りながら攻撃のスウィッチを入れる。
だがコレ!というアクションを起こせない。
崩しの一歩手前まではいけるのだがその先のブレイクスルーに繋がらない。
そんななか丹羽くんのドリブルが攻撃の起爆剤。
岩田くんもボールを持ったら前へ仕掛ける。
IMG_4771.jpg

横浜はFW鈴木国友くんと左SH佐藤碧くんがボールを収めようと前線で待機。
二人とも180cmオーバーの長身なのでターゲットには充分。
左サイドから佐藤くんが前線中央にスライドして空中戦で競り合う。
FW浅川隼人くんがこの二人のポストしたボールを前へ運ぶ。
ボランチの山下くんが中盤でボールを預かり攻撃の選択肢を作る。
パスを散らして展開するだけでなく縦パスをズバッと通すことも出来る選手。
前半最も目立っていたのが左SB田中憧くん。
判断と思い切りの良いインターセプト。
明大の右サイドを寸断する。
そして守備からの攻撃参加。
オーバーラップでサイドを縦に駆けるだけでなく中央へ走り込んで中盤から攻撃に絡む。
IMG_4767.jpg

後半開始。

明大、道渕諒平くんのクロスにファーの丹羽くんがジャンピングキックで合わせようとするも僅かに届かず。
明大は櫻井敬基くんをピッチへ。
SHに入った櫻井くんが左サイドでボールを持つと一人、二人に囲まれながらもドリブルで突破しPAへ。
シュートを打ち切るまではいかなかったが狭まっていく包囲網をスルスルと擦り抜ける素晴らしいドリブル。
IMG_4775.jpg
さらに明大は渡辺悠雅くんを交代で左SHに投入。
IMG_4777.jpg
ラッセル車の様なドリブルでゴリゴリとサイドでDFを掻き分け前進する。
IMG_4780.jpg

横浜は石川大地くん。
さらに菅原圭介くんをピッチへ。
菅原くんは190cmの長身FW。
IMG_4781.jpg
明確なターゲットとしてガンガンロングボールを預ける。

明大、丹羽くんがバイタル左からドリブルで切り込むと切り返しとステップでDFを振り切りPAへ。
GKと一対一に、右足でのシュートは横浜GK田中くんが近距離でブロック。
IMG_4779.jpg

試合終了。
0-0のスコアレスドロー。

明大は魅力的なアタッカーが揃っている。
櫻井くんは囲まれてもつむじ風の様なドリブルで抜き去ってしまう。
風を受ける柳の様なしなやかなボールタッチから一瞬のスピードで相手を抜き去っていく。
櫻井くんが"柔"なら渡辺くんは"剛"のドリブラー。
マチェーテの様な相手を断ち切るドリブルにジャックナイフの様な鋭い切り返し。
後半途中出場の二人がこの試合で一番目を引いた。
IMG_4786.jpg

横浜は残留に向けて大きな勝点1をもぎ取った。
眞鍋くんと八戸くんのCBコンビが集中を切らさずセーフティーなプレーを完遂。
攻撃陣はシュート数こそ少ないが前線に長身FWを配置。
ポストプレーヤーの周囲に生まれるスペースを浅川くんのスピードや石川くんのテクニックで掻き乱す。
後半は右SH今関耕平くんと右SB佐々木俊輝くんが右サイドで良いコンビネーションを見せていた。
次節は勝点2差ですぐ下にいる11位の早稲田大学との一戦。
負けたら降格圏に落ちてしまう。
リーグ戦は残り2試合。
早稲田戦が残留の行方を左右する大一番になる。
IMG_4785.jpg
IMG_4787.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ