Confusion ~高円宮杯U-18 プリンスリーグ関東:三菱養和SCユースvs浦和レッドダイヤモンズユース〜

巣鴨のゲームセンターでシンデレラガールズの一番くじ引いてきた。
IMG_5018.jpg
クリアファイルセット当たったやで!
驚異のくじ運を持つK氏(ファミマの妖怪ウォッチのくじで一発でジバニャンのぬいぐるみ引き当ててるのを目の当たりにした)にも引いてもらった(ちなみにシンデレラガールズ知らない「A賞の島村さん?のフィギュアを当てればいいんでしょ」と男前な発言)
ラバーストラップやった。
IMG_5019.jpg
ラバストの中はあやめ殿と珠ちゃんやった。
IMG_5020.jpg
巣鴨であやめ殿を引くとはある意味豪運なのかもしれん(いま巣鴨駅の広告にあやめ殿が出てるからね)
ちなみに前回の一番くじはグラス当たった(桃華ちゃま)

Cwj8YtbVEAA2Q3a.jpg

これでアイスティーを飲むと1.5倍美味しくなる。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プリンスリーグ関東
三菱養和SCユースvs浦和レッドダイヤモンズユース

IMG_4987.jpg

養和は4-4-2
2トップが森田大喜くん中村敬斗くん。
ボランチは齋藤一くんと平山駿くん。
左SBは遠藤光くん。左SHは36番(名前がわからない)

浦和は4-2-3-1か。
既にプリンス関東の優勝を決めている。

さて、試合。

養和、左サイド中村くんがドリブルで対面DFを抜いてグラウンダーのクロス。
PA内で森田くんが後ろに落としたボールを山田陸くんがシュート。
決定機だったがシュートは枠の上。
IMG_4989.jpg

前半終了。

養和が若干押し気味に試合を進める。
前線で森田くんが常に相手のDFラインと駆け引き。
後方からのロングボールを引き出す。
右サイドでは右SH山田くんに右SB久保井俊喜くんのオーバーラップを絡めてサイドアタック。
いままではトップ〜トップ下の位置にいた平山くんが今日の試合はボランチ。
トップ下的なポジションでのチャンスメイクから相手の中盤へのファーストプレス。
齋藤くんと縦の関係になりつつ中盤をケア。
IMG_4993.jpg

浦和は遠藤凌くんと関慎之介くんのCBコンビが中央でしっかりブロックを作っている。
養和のサイド裏へのロングボールも裏を取らせない。
攻撃では川上くんのサイドからのドリブル。
多少強引でも仕掛けて右サイドをこじ開ける。
伊藤敦樹くんはキープ力があり中盤でボールを収めてピッチ全体にパスを散らす。
なかなかシュートまで持ち込めないが中盤右サイドから池髙暢希くんがクロスと思わせながら枠を捉えた惜しいシュートも。
IMG_4991.jpg

後半開始。

浦和は時里くんに代えて井澤春輝くんを前線に投入。

IMG_4995.jpg
後半8分、浦和の伊藤くんが中盤の右から前線に浮き玉のパス。入ったばかりの井澤くんが裏へ抜け出して胸トラップからシュート。浦和先制。1-0
IMG_5006.jpg

後半10分、浦和が右サイドからクロス。ゴール前でのクリアボールを池髙くんが拾ってミドルシュート。2-0
威力十分!コースバッチリ!
フカさず、抑えの効いた素晴らしいミドルだった。
IMG_5002.jpg

IMG_5003.jpg
後半16分、養和が右サイドから久保井くんのクロス。ファーで中村くんがヘディングでゴール前へ折り返したボールを森田くんがヘッドで押し込む。養和一点返す。2-1
森田くんの身体ごとゴールに突っ込むような気迫のヘディングシュート。

養和は田中くんに代えて戸張颯太くん。
36番に代えて高橋ラシードくんをピッチへ。

高橋くんの投入で養和の左サイドが活性化。
サイドからのドリブルとクロスで浦和ゴール前を脅かす。
養和、平山くんがこぼれ球をミドルシュートも枠の上。
IMG_5011.jpg

浦和は川上くんに代えてシマブクカズヨシくんをピッチへ。
IMG_5001.jpg
さらに左SB荻原拓也くんから鈴木海都くんへ交代。
残り10分程で池髙くんに代えて関根束真くん。
伊藤くんに代えて弓削翼くん。
積極的に交代カードを切っていく。

試合終了。

養和はこれで勝点23の8位。
4位が勝点26で5チームが勝点差3以内にひしめいている。
養和の森田くんは前線でのラインブレイクから裏への抜け出し。
ドリブルで守備ブロックに揺さ振りをかける。
2-0から執念の追撃弾を叩き込むなどFWの矜恃を見せてくれた。
一緒に観戦していたK氏も賞賛。
後半途中から出場のラシードくんは大胆なサイドアタックと細やかな足技で右サイドの主導権を奪う。
IMG_5013.jpg
IMG_5015.jpg

浦和は途中出場の井澤くんの先制点から立て続けに追加点。
後半は川上くんがサイドだけでなく中央からも果敢に突破を仕掛ける。
守備ではCBコンビの遠藤くんと関くんは養和のサイドアタックからのクロスを冷静に弾き返す。
GK山田晃士くんのハイボール処理も落ち着いていた。
一点返されたが動じることなく最後まで自分達の仕事を全うした。
プリンス関東の順位表を見るとチームとして得点もリーグトップだが失点もリーグ最小だ。
CBは橋岡大樹くんがU-19日本代表遠征で今日の試合不在だったが守備の堅さは揺らがなかった。

この試合の"SMVP"は伊藤敦樹くん。
ピッチを広く使える選手。
スペースを見つけるのが上手い。
パスミスも無く中盤でのボールの預け所として機能していた。
先制点のアシストは見事。
交代直後の井澤くんに養和のマークが徹底していなかった隙を見逃さなかった。
IMG_5016.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ