漫画『オフサイド』と『Jドリーム』

やっと注文の品が届いたで〜。
C3OSj4dUcAIxo4g.jpg
C3OSj4eUYAArLTk.jpg
塀内夏子先生の不朽の名作『オフサイド』と『Jドリーム 飛翔編』の全巻セットや!
単行本でしか持ってなかったから文庫サイズは新鮮やな(当時は『オフサイド』と『Jドリーム』読んでるのがワイ以外にあんまおらんでみんな『シュート!』か『俺たちのフィールド』ばっかりやったなあ)
いま『Jドリーム』も『オフサイド』もWebで読める(アプリ?)みたいやね(飛翔編に収録されている『松永成立物語』はもう教科書に載せるべきやと思う。ちなみに『Jドリーム 飛翔編』のおまけ漫画に描いてあったけど『○○物語』みたいなんは基本新人漫画家にやらせるらしいけど塀内夏子先生が「松永描きたい」「駄目なら他誌で描く」と編集を脅迫してまで描いたらしい)
『オフサイド』は最初は本当に少女漫画ノリなんよね(段々ホモソーシャル感がバリバリになってくるけど)
一応、渚って女の子がヒロインなんやけど最後の方は薬丸がヒロインになってる。
読みながら「もう20年以上前のサッカー漫画なんやなあと」思い出させる記述がちらほら。
今は使わなくなったようなサッカー用語出てくるんよね。
ディフェンシブハーフ(もうボランチが市民権完全に得てるからなあ)オフェンシブハーフ(ここらへんはまだ使う人いるかな?)
ハーフバック、フルバック、あとリベロもかな。
GK普通に帽子かぶってるし。
あと「日本代表」じゃなくて「全日本」ね。
でもサッカー漫画としては全然色褪せてないところが凄い。
蕪双高校とかラインディフェンス(当時としては洗練された戦術)
フィールドをコンパクトにしてのハイプレスからの速攻サッカーをやってるんよね。
あともしもいま『オフサイド』の熊谷五郎みたいな選手がおったらどこのポジションで起用されるんやろうか、、、って夢想してしまうやね。
作中だけでもFW、DH、CB、GKやってるからなあ。
段違いのシュート力、ガタイがあって競り合いに強い。
今ならボランチ起用が妥当なんやろうか。
今こそGKとしての熊谷五郎を見てみたい気がするけど。
改めて読み返すとやっぱ国体編が一番熱いな。
病気でこの大会が最後の保坂が前半いっぱいで退場するときの

あのラインを越えたら・・・・
グッバイ ぼくの高校サッカー・・・・


は名シーンやで。
とにかくグッと来る台詞が多い漫画やからお気に入りのを何個か抜き出してみた、、、

佐藤真悟

俺はだれにもポジション渡す気ねえぜ!
ウィングはな てめーがすっころぼーが倒れよーが エースに球を出すんだよ!


あの日以来ずっとーーー
こいつにボールをあげ続けている
何十本
何百本
中学生になって
高校生になって
おまえの背がのびて
オレのキック力がのびても
かわらない オレたちの距離


シンゴのこの「かわらない オレたちの距離」って台詞は最後の薬丸との別れがあるから尚更グッとくるもんがあるんよね......(シンゴはヤマハ、薬丸はニッサンへ)

薬丸英樹

めだとう精神じゃどうしていけないのかなー
スケベ根性大いにけっこう 色気ださなきゃガッツも出ないよ
そりゃさ前半たしかによくなかったさ だけどさー忘れてほしくないなー
FWがちんまりおとなしくして サッカーやってられっか!


阿部よ チャンスなんかいつくるかわかんないけど・・・・
FWは歩いちゃだめだぞ
FWが歩いちまったら負けだ!


薬丸って島原が言うように「根っからの点取り屋 FW」なんよね。
五郎ちゃんはチームメートでもありライバルでもある。

日比野慶彦

時々夢を見るよ 試合の夢 予選決勝の最後のFKの場面だ
なあんだ まだ負けてなかったんだ 勝負はこれからじゃないか!
今度こそちゃんとゲットさせるんだ・・・・
いつもそこで目がさめる
その時の白々しさ 意味のなさ・・・・
もうきっぱりわりきったはずなのに
なんで今さら夢にでてくるんだろう
なんでもう一度負けさせるんだろう
これからもたびたび見るのかな
ーーー勝彦
負けるってこういうことだぜ
負けるって・・・・つまらないぜ


慶彦は一年の頃は”エリート坊や”って感じやったけど三年になったらすっかりキャプテンらしくなってた。
ホンマ『オフサイド』って「キャプテンシーの塊」みたいなキャラが何人もおるんよね。
主人公の五郎ちゃんは言うに及ばず、織田さん、茅野、島原、暮林、津野。

堂島監督

・・・・猛よ
シンナーやったり 女とやったりしても キモチのいいのは一瞬だけだろが
それよりサッカーでいいプレーしてみろ一日キモチいいぞ
シュートを決めたら1週間はキモチいい
逆転シュートなら1か月は いい
優勝なんかしようものなら・・・一生キモチいいぞ
おまえはまだ知らん
・・・・つまらない奴だ



島本守

リベロになりたい
力強くゴールを守って
あざやかにゴールを狙う
フリットのように
ベッケンバウアーのように
リベロになりたい!



阿部弘志

・・・・あの一言で充分だ
あのひとことで
たぶんこれから先
どんな辛いことがあっても耐えられる
そして たぶん もう自分は
生涯サッカーからはなれることはできないだろう


これ五郎ちゃんの「ぼくは チームメートの言うことは 一言一句信じてますから」って台詞の後なんよね。

熊谷五郎

いいかサッカーてのはな足でボールをあつかうんだぞ
思い通りになんかならないことの方が多いんだ!
そんな根性でつとまるかっ
よっく覚えておけ!!


島本!・・・・わかってるさ
おまえの気持ちも
ガッツも
みんなわかってる
でもさ 苦しい時はたよってもいいんだぜ
仲間じゃないか
おまえらと仲間でいられるのは
あと20分だけなんだぜ?
もっとたよってくれよ
せんぱい面させてくれよ?


444.jpeg
五郎ちゃんってまさにキャプテンシーの塊みたいなキャラやけど結構チームメート殴ってるんよね。
薬丸、日比野、阿部(と、その他二人)
日比野とか阿部は平手やけど薬丸くんなんか拳で右ストレート叩き込まれてたな(なお、団結する模様)

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ