Codebreaker 〜関東大学サッカーリーグ戦:日本体育大学vs順天堂大学〜

U-20日本、W杯ベスト16進出! 堂安が躍動、2点差追いつきイタリアとドロー

ワールドユースの日本vsイタリアってスコア2-2なの?
凄い!
漫画『Jドリーム 飛翔編』のワールドユースでの日本代表vsイタリア代表のスコアと一緒やん!
漫画だと決勝戦だったんでPK戦の末日本代表がイタリアに勝ってワールドユース優勝するんよね。
良いフラグが立ったわ。
決勝戦でイタリアと再戦したいやね。


JR東日本カップ2017 第91回関東大学サッカーリーグ戦
日本体育大学vs順天堂大学

IMG_5667.jpg

日体大は4-4-2
平川元樹くんと関戸裕希くんの2トップ。
ボランチは輪笠祐士くんと江崎響太郎くん。

順大は4-4-2
2トップは浮田健誠くんと大谷京平くん。
二人とも柏レイソルU-18出身。

さて、試合。

前半はお互い決定機はほとんど無し。

日体大は長身FWの平川くんが前線で体を張ってボールキープ。
関戸くんが前線の平川くんの後ろのスペースを使う。
ビルドアップはワンタッチでテンポ良く回していきバイタルに入るとダイレクトを多用したスピーディーな展開。
DFラインからサイドチェンジで一気に逆サイドへ。
ピッチをワイドに使う。
守備では順大の浮田くんに対してはCBンドカ ボニフェイスくんが対する。
ロングボールをことごとく弾き返し、空中戦で完勝。
背後に立ち競り合うだけでなく一歩出て相手の前でクリア。
大畑隆也くんとンドカくんのCBコンビは順大の2トップにほとんど仕事をさせなかった。
パーフェクトな対応。
中盤ではボランチの江崎響太郎くんがセカンドボールを拾い、相手のカウンターの芽を潰すプレス。
危険なエリアをカバーしていた。
IMG_5669.jpg

順大はラインコントロールが上手く、ラインを高く保ちながらオフサイドに嵌めていく。
こちらもサイド大きく開いて攻撃を展開。
ボランチの室伏航くんが中盤の底からDFライン前まで下がってゲームメイク。
日体大の前線のプレスの網にかかりそうな時は中央を経由せずサイドから押し上げる。
左SB毛利駿也くんが果敢にオーバーラップ。
対面の日体大右SB福田圭佑くんも積極的に攻撃参加してくるので左サイドでは一進一退の攻防。
良くも悪くもお互い”噛み合って”いる。
前半は拮抗状態だったと言えるだろう。
IMG_5672.jpg

後半開始。

順大はFW浮田くんに代えて松島奨真くんを前線に。
IMG_5694.jpg

順大のCK、右からのキックにニアで合わせようとした大谷くんを日体大が後ろから手で押して倒してしまう。
主審はPKの判定。
キッカーは米田隼也くん。
日体大のGKは山田晃平くん
IMG_5680.jpg
コース右上段を狙ったシュート。
だがGK山田くんが左手一本で弾き出す。
山田くんがタイミングを完璧に合わせたナイスセーブ。
IMG_5681.jpg
IMG_5683.jpg

後半10分、日体大の左からのCK。キッカーは関戸くん。
ゴール前で平川くんがヘディングを合わせた。日体大先制。1-0
IMG_5684.jpg
IMG_5685.jpg

後半11分、日体大は関戸くんに代えて山下諒也くんを投入。
関戸くんはCKのアシストという大仕事をやり遂げてピッチを後に。

山下くんは前線で何度かラインブレイクを試みる走り出し。
順大DFラインもズルズル下がることなくラインを保ってオフサイドトラップを仕掛ける。
CBキャプテンの坂圭祐くんが中心となり前線へのロングボールはかなりの確率でオフサイドが取れていた。
IMG_5698.jpg

後半12分順大は大谷くんから旗手怜央くんに交代。
前半と2トップを入れ替えて来た。
IMG_5696.jpg

後半16分、順大は左サイド毛利くんから室伏くん、そして米田くんに繋ぎ最後は米田くんが決めた。順大同点。1-1
IMG_5676.jpg

後半23分、順大は右サイドから杉田真彦くんが前線の松島くんへ鋭く通すと松島くんがポストし横に出したボールを旗手くんが蹴り込む。順大逆転。2-1
IMG_5690.jpg
IMG_5691.jpg

日体大もセットプレーでチャンスを作る。
長身の平川くんンドカくんをターゲットにゴール前に蹴り込んでくる。
ここは順大GK佐藤久弥くんがハイボールをキャッチング。
接触を厭わずボールに食らいつく。

試合終了。

日体大は短時間で同点から逆転されてしまった。
PKストップから良い流れで先制点が取れただけに悔やまれる。
順大のFW交代策に対応しきれなかった。
守備陣に僅かなズレが。
左SB原田亘くんが左サイドを駆け上がりサイドからの崩しはあと一歩。
両SH室﨑雄斗くん渡邊龍くんもサイドからカットインしてバイタル中央へ。
シュートが弾かれてもバイタルでこぼれ球を拾って畳み掛ける。
積極性の副産物とも言えるセットプレーでも惜しいシーンが何回か。
IMG_5705.jpg

順大は交代策がズバリはまった。
前半はンドカくんに抑えられていた前線も後半は松島くんがポジショニングをちょっとずつ変えてボールを受けることでマークを絞らせない。
ポストだけでなく左サイドをドリブルで抜いていき枠外に逸れたが惜しいシュートも放つ。
そして後半途中の旗手くんの投入が効いた。
前線から少し下がってボールを受けてのキープからサイドの上がりを待つ余裕が生まれ、また自ら仕掛ける事も出来る。
ゲームメイクだけでなくチャンスと見ればしっかり前線に上がっている。
前半とは打って変わって後半はお互いシュート数も多く打ち合いの様なゲーム展開になったが後半も守備陣は冷静。
ラインコントロールがブレない為にオフサイドを量産。
決して極端に高くラインを保っているわけではない。
相手の選手の特徴とパスのタイミングをしっかり把握しているからこそ。

この試合の"SMVP"は室伏航くん。
前半に比べて後半はよりチームの潤滑油として貢献。
アンカーとしてDFラインと中盤を繋ぐ。
左右へのボールの配給でピッチをワイドに使っていた。
先制点をアシストしたようにチャンスメイクも出来る中盤の要。
IMG_5704.jpg
IMG_5706.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ