FC2ブログ

Touched By The Hand Of God ~高円宮杯U-18 プリンスリーグ関東:ジェフユナイテッド市原・千葉U-18vs鹿島学園高校〜

TwitterでTLにフォロワーの方達の「いいね」が表示されるの。
最初は鬱陶しいなあと思ってたけどフォロワーの方達が「いいね」したシンデレラガールズのイラストでたまに「ええやん!」ってのが流れてくるから「ひょっとしてええ機能なんかな」と思い始めてる。
子供の頃のテレビが「興味ないけどなんとなく見る」って存在やったしそういうもののなかから一生ものの趣味が見つかることもあるから悪くないんかもね。



今日はゼットエーオリプリスタジアムへ。
というてもワイにとっては未だに市原臨海競技場。
ジェフvs京都でのチェ・ヨンス兄さんのハットトリックを観た。
最後に来たのがジェフvs新潟。
ジェフはオシム監督で要田が決勝点。
もう10年以上前やね。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ関東
ジェフユナイテッド市原・千葉U-18vs鹿島学園高校

IMG_6135.jpg

ジェフは4-2-3-1
トップに古川大悟くん。
左に􏶟􏱱􏰗􏲭􏵔􏶟􏱱􏰗􏲭􏵔榎本啓吾くん右に􏳜􏳝􏰗􏲦阿部渚くん。真ん中に安光将作くん。
ボランチは林一輝くん竹嶋裕二くん。

鹿島学園は4-4-2
􏷞􏲹􏰗􏰸􏲤富岡大智くんと橋口凜樹くん。
アンカーに深貝陸くん。

さて、試合。

ジェフが右からスローインを得る。
竹嶋くんがロングスローをゴール前へ。
古川くんがヘディングを合わせるがゴール右に逸れる。
IMG_6147.jpg

さらにジェフは榎本くんが左サイドからPA深くまでドリブルで切り込む。
GKと一対一になるが僅かに打ち切れず。
IMG_6145.jpg

古川くんのポストで左サイドからDFライン裏へ抜けPA内へドリブルで持ち込んだ林くんがシュートもこれはオフサイドの判定。
IMG_6148.jpg

鹿島学園、左サイドから橋口くんが持ち込んで強烈なシュート。
これはジェフGK廣濱顕哉くんがブロックしDFがクリア。
IMG_6149.jpg

ジェフ、後方からのロングフィードをDFに付かれながらも古川くんが前線で受けターンでDFを振り切ってシュート。
これは僅かに右に逸れる。
さらにジェフ、右サイドSB内野貴史くんがオーバーラップからクロス。
ゴール前で古川くんがヘッドを合わせるがこれは鹿島学園GK稲津右京くんの正面。
IMG_6146.jpg

前半終了。

ジェフはDFラインから丁寧に繋いでいく。
ただこれは鹿島学園もそうなのだが割と頻繁にパスがズレてしまう。
30℃を超える気温(多少風はあるが)
なかなか判断力の部分で相当苦しそうだ。
出し手と受け手の相互の考えの違いからくるパスミスが散逸。
それでもチャンスを作ったのはジェフ。
ボランチ竹嶋くんは中盤でゲームメイク。
彼のロングスローは大きな武器。
トップの古川くんはマークが厳しい状況やパスが多少ズレてもシュートにまで持ち込める推進力のあるストライカー。
左サイドは榎本くんに左SB渡邊啓太くんが高い位置でサポート。
榎本くんが仕掛けるお膳立ては完璧。
守備ではDFラインを高く設定して鹿島学園の攻撃陣をスモールフィールドの中に閉じ込めてしまう。
IMG_6152.jpg

鹿島学園はジェフのハイラインに手を焼いていた。
ロングボールはなかなか前線に収まらない。
攻撃の人数は足りているのだが相手も密集している。
バイタルは非常に窮屈そうだが橋口くんが多少強引でも仕掛けることでジェフ守備陣に揺さぶりをかける。
橋口くんのシュートまで持ち込めるドリブルが前半は有効だった。
アンカーの深貝くんが実に落ち着いていてゲームをコントロール。
中央から素早くサイドへ展開。
チームが動き出す。
IMG_6151.jpg

後半開始。

鹿島学園は後半から右SB水野志乃哉くんに代えて池田彪真くんを右SBに。
IMG_6154.jpg

ジェフは後半は右サイドの連携が強化された。
右SH阿部渚くんと右SB内野貴史くんのコンビネーションが活発化。
サイドでどちらかが張っていると一人はボールを預けてから一気に中央へ走り込む。
IMG_6160.jpg

ジェフ、阿部くんが右サイド深くまで持ち込みゴール前を横断するグラウンダークロス。
ファーにジェフの選手が走り込むがこれは鹿島学園右SB池田くんがゴールライン外へスライディングで掻き出す。
IMG_6161.jpg

ジェフ、PA近くでFK獲得。
キッカーはCB深川大輔くん。
壁を超えてゴール上段を狙うが惜しくもバーの上。
IMG_6155.jpg

後半立ち上がりからジェフが主導権を握る。
鹿島学園は段々中盤がDFラインに吸収されてきた。
セカンドボールが拾えず、カウンターに繋げられない。
IMG_6166.jpg

鹿島学園は金原朝陽くんをピッチへ。
金原くんはFWとして前線へ。
IMG_6163.jpg

ジェフはCB越後快くんに代えて畔蒜涼太郎くんをCBとしてピッチへ。

さらにジェフは本吉利安くんをピッチへ。
IMG_6190.jpg

IMG_6180.jpg
後半41分、ジェフ左からのスローイン。
スロワーの竹嶋くんのロングスローをニアで逸らして最後は途中交代の畔蒜くんが右足で押し込んだ。
ジェフ先制。1-0
IMG_6192.jpg
IMG_6198.jpg
IMG_6199.jpg

試合終了。
ジェフが1-0で鹿島学園に勝利。
この勝利は残留という面ではジェフにとって非常に大きい勝点3

鹿島学園はなかなかゴールまでが遠かった。
守備は非常にタイトでバイタルで回されていても最終的にはジェフの攻撃陣をしっかり抑えていただけに勿体無い。
途中交代で入ったFW金原くんとこちらも途中交代で入った高柳朗くんも交代選手のアドバンテージである十分な運動量を活かして前線からのプレスに奔走。
ただ前線がやや孤立気味だったのは否めない。
SHやボランチがジェフの攻撃の為に下げられており前線との距離が遠い。
この気温では一列上げて前線と絡むというのは難しいだろう。
試合終盤ともなれば尚更。
IMG_6206.jpg

ジェフは後半はパス回しにミスが減り相手のスペースを上手く使えていた。
特に右SB内野くんのサイドの上下をアップダウンする献身的な走り。
そこから中へ切り込むことで鹿島学園の守備ゾーンを乱す。
CBコンビも深川くんや後半途中交代した越後くん、越後くんに代わってCBに入った畔蒜くん。
この三人がラインコントロールと競り合いで負けない事で鹿島学園からゴールを遠ざけた。
特に負傷交代の越後くんに代わって入った畔蒜くん。
試合途中でかつCBということもあり難しさもあっただろうが値戦金の決勝ゴールを上げた。

この試合の"SMVP"は竹嶋裕二くん。
決勝点を生み出したロングスローという立派な"飛び道具"
ボランチとしても中盤で左右にボールを配球。
彼に預ければボールを取られることなくゲームを次の局面に展開してくれる。
コンビを組む林くんが時に前線へ出て攻撃に絡んでいくタイプなだけに中盤の底に彼がいることがチームに安定感をもたらす。
己の手と足でチームの勝利に貢献。
IMG_6205.jpg
IMG_6207.jpg
IMG_6208.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ