Reds Cross 〜日本クラブユースサッカー選手権(U-18)関東大会:浦和レッズユースvsエスペランサSCユース〜



ウサミンおめでとう!
今回の総選挙も楽しかった。
よく「総選挙はお祭り」っていうけどこれって軽く捉えてるわけじゃなくて「楽しくなさそうなところに人は寄って来ない」ってのがあるからね。
Pが疲弊してたら元も子もない。
しかし毎回やけどCuの壁の厚さを実感するなあ。
ボイス実装されているアイドルでも50位以内に入れないという。
でもほたるちゃんやこずえちゃん今井ちゃん工藤ちゃんはしっかりランクインしてるんだから希望はあるか。
デレステからも投票出来るようになって総選挙の趨勢がどうなったのか詳しくはわからんけど西園寺琴歌お嬢様に限って言えばSSRの存在は大きなアドバンテージやったと思う。
この間の無料10連で引き当てた人もおるやろうしその人にとっての初SSRかもしれんしね。
新規の琴歌Pを大分開拓してくたんやないかなと。

第42回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)関東大会
浦和レッズユースvsエスペランサSCユース

IMG_1247.jpgIMG_1248.jpg

浦和は4-4-2
2トップは波田祥太くんと池髙暢希くん。
右SH上野夏輝くん左SH山中惇希くん。
ボランチは玉城大志くんと盛嘉伊人くん。

エスペランサは4-4-2
エスペランサのHPに名前と背番号が載っている。
原田武男くんと具志敬士くんの2トップ。
左SH永倉馨くん右SH松田雄陽くん。
ボランチは佐藤飛雅くんと品田希望くん。
DFラインは左SB清水怜央くん、CBは浜田一郎くんと屋良龍斗くん、右SB山本航輝くん。
GK阿部丈樹也くん。

さて、試合。

前半2分、浦和前線の池髙くんから左サイドの山中くんへ。山中くんが逆サイドのコースに思い切り良くシュート。
浦和先制。1-0
IMG_1264_20180520231048e63.jpg

前半6分、浦和左サイドからのグラウンダーのクロス。中央を抜けて右から入ってきた上野くんがシュート。2-0
IMG_1276_201805202311150ed.jpg

前半10分、浦和最終ラインのCB白土大貴くんからのロングフィードが前線の池髙くんへ通る。
DFと競り合いながらの池髙くんのシュートはポスト直撃。
こぼれ球を拾った左SB林海斗くんがシュート。3-0
IMG_1300.jpg

前半16分、浦和左サイド山中くんの折り返しにバイタル中央で池髙くんが合わせる。コース右に決まった。4-0
IMG_1255.jpg

前半20分までに4点奪取した浦和。
なおも攻撃の手を緩めない。

浦和、右サイドからのクロスをファーの盛くんが落としてシュート。
強烈なシュートだったがバーを直撃真下に落下。
バウンドしたボールはエスペランサDFがヘッドでゴールライン外へクリア。
これで得た左からのCKにCB大城蛍くんがヘディングを合わせる。
エスペランサゴールライン上をカバーしていた具志くんがクリア。

浦和左サイドからのFK。
やや角度は深いがキャッチングしようとジャンプしたGKの伸ばした手を超えてゴールの枠内へ。
これはエスペランサCB屋良くんがゴールライン上でクリア。
IMG_1267_201805202308529e7.jpg

エスペランサはボランチとSHを交代、高本零くんと柳俊太郎くんが入る。
IMG_1272.jpg

エスペランサ、柳くんが遠目からシュートを狙う。
ゴール上段のGK届かないコースだったが惜しくもバー。

前半終了。

浦和は両サイドからエスペランサゴール前へクロス。
左SH山中くんがサイドをスピードでDFを振り切る。
完全にDFを置き去りにするシーンが何回か。
右SH上野くんも一対一だと止めるのが困難なドリブル。
速さよりも緩急を付けたドリブルで右サイドを自分のフィールドにしていた。
池髙くんはトップから少し下がった位置でボールを受け前後左右にゲームをコントロール。
得点シーンの様に前線へ飛び出すセカンドトップの動きも。
ボランチコンビもセカンドボールの回収率が恐ろしく高い。
基本エスペランサ陣内でゲームが進む。
一人一人が体のぶつけ合いで負けず、フィジカルで優位に立ちその上でさらに激しいプレッシング。
2〜3人でサイドに追い込んでボールを奪う。
DF陣はエスペランサの前線に対して危なげない対応。
キャプテンのCB白土くんが時折見せるロングフィードは精度が高く前線にピタリ。
GK鈴木彩艶くんもキック力があり最後方から相手DFラインの裏を狙う。
IMG_1246.jpg

エスペランサは立て続けの失点。
サイドは両SHが下がって対応するがそれでも浦和が突破してくる。
クロスボールに中央でマークに付ききれていない。
前線での空中戦は浦和に迎撃されてしまいなかなか前線でタメが作れない。
これは前線だけでなく中盤でも競り合いになると浦和に分がある。
ただ前半途中交代で入ったボランチ柳くんがCBの前で体を張れる。
体をぶつけてボールを奪えるボランチだ。
彼の投入で中盤の守備はタイトになった。
前半から積極的にメンバーを代えてきているので後半どう修正するか。
IMG_1271_201805202311074ae.jpg

後半開始。

浦和は二人交代。
大城くんに代えてCB山田奈央くん。
池髙くんに代えてトップに二見健太くんが入る。

浦和右からのクロスに波田くんが中央で合わせるがGK阿部くんが正面でキャッチ。
浦和左からのCKに波田くんがニアでヘディングを合わせるがこれはサイドネット。
さらにエスペラサDFラインの裏へのパスに前線抜け出すがGK阿部くんが飛び出して飛び込みながらボールを抑える。
IMG_1277_201805202311151af.jpg

浦和ボランチの玉城くんに代えて佐藤陸人くんをボランチに。
IMG_1292_20180520232018a1c.jpg

エスペランサ途中交代で入った寒川天生くんが左サイドでDFにチェックからボールを奪いそのままシュート。
これは枠を外れたがエスペランサは後半、前から果敢にプレッシング。

浦和はCB白土くんに代えて成田安里くん
成田くんは前線へ、左SB林くんがCBにスライドし左SH山中くんがSBの位置に。
左SHには二見くんが入る。

浦和は交代で石橋遼大くんを右SHに。

エスペランサ、興梠竜一くんをピッチへ。

浦和は前線の選手交代で攻撃陣のフォーメーションを変更した影響もあるだろうがフィニッシュまで持ち込むシーンが少なくなった。

エスペランサもハイプレスでなんとか一点取ろうとするが。
IMG_1294_201805202321124a7.jpg

試合終了。

エスペランサは後半プレスの強度を上げた。
前線の原田くんがDFラインからGKにまでチェイス。
原田くんと具志くんでボールキープ出来る時間も多くなった。
ただサイドではやはり浦和に追い込まれるシーンが。
技術もそうだが判断の速さで差があった。
SHがボールを持った時には既に浦和が選択肢を潰すポジション取りをしている。
持ってから次の一手を考えている間にプレッシングが押し寄せる。
後半、相手陣内でプレーする時間は増えたがシュートチャンスを作り出すまではなかなかやらせてもらえない。
ただ後半はCB屋良くんの積極的な前に出て奪うプレーとGK阿部くんの再三のシュートセーブで浦和の攻撃を凌ぎ切った。
IMG_1305.jpg

浦和は完璧な立ち上がりから無失点でクローズ。
前線、中盤、DFラインを選手交代でポジションチェンジしながらの後半。
選手達はポジションが変わっても見事に対応した。
特にDFラインはCBを二人交代しながら入った選手がそれぞれの役割をキッチリ果たす。
後半になるとエスペランサに自陣でプレーされるシーンが増えたがシュートまで持ち込まれることは僅か。
中盤を経由されるサイドへのボールに対しての反応は前半の様に速く、複数人のプレッシングでライン際に追い込む。
サイドにしっかり蓋をした。

この試合の"SMVP"は盛嘉伊人くん。
ボランチとしてフル出場。
セカンドボールの回収と相手のカウンターの芽を摘むボール奪取。
身長はそれほど大きくないが自分より大きい選手にも当たり負けしない粘り腰。
重心低く相手とボールの間にガッと入ってスッと奪う。
左右へのパス配球だけでなく中盤の底でDFラインからのパスを縦に素早く展開させる事が出来る。
IMG_1303.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ