FC2ブログ

Good Day Sunshine ~高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 T1:成立学園高校vs國學院久我山高校~

「川島しかいない」元代表の松永成立氏は交代論否定
松永氏自身は「ドーハの悲劇」でゴールを奪われ、W杯出場を逃している。
だから「3大会連続出場は日本人で初めて。
うらやましい。
日本のゴールを守り続けている自信を取り戻してほしい」とエールを送る。
さらに「批判にさらされるのもW杯の日本代表だからこそ」厳しい批判も期待が大きいからこそだ


松永さんが言うと言葉の重みが違う。
ちなみに松永さんの本『ゴールキーパー専門講座』はGK経験者や志望者じゃなくても観戦する時にGKを見る上で勉強になることが多いからオススメやで。


高円宮杯U-18サッカーリーグ2018 東京 T1リーグ
成立学園高校vs國學院久我山高校

IMG_1682.jpg

成立は4-4-2
2トップは窪田稜くんと八木橋俊介くん。
左SH吉永真優くん右SH高木健匠くん。
大野秀和くんと原田歩夢くんのダブルボランチ。

久我山は4-1-4-1
トップに宮本稜大くん。
中盤は左から野田祐成くん5番、金子和樹くん戸坂隼人くん。
アンカーに高橋黎くん。

さて、試合。

成立、左サイドを窪田くんが加速してDFを振り切りゴールライン付近まで持ち込んでグラウンダーのクロスを折り返す。
ニアに詰めていた八木橋くんが合わせるがゴール左に逸れる。
IMG_1698_20180702130958615.jpg

久我山左サイドから戸坂くんが切り込み金子くんとパス交換、シュートまで持ち込むもゴール左枠外。
IMG_1706_2018070213141714d.jpg

前半8分、成立CK獲得、左からのCKキッカーは左SB原豪汰くん。左足のキックはファーのCB照山颯人くんへ。
照山くんがヘッドでゴール前に折り返し右SB豊田優磨くんがヘディングをコース左に叩き込む。成立先制。1-0
IMG_1723.jpg
IMG_1727.jpg

前半15分、成立の窪田くんが左サイドでボールを持つと中央へカットイン。
左足を振り抜いたミドルがゴールに突き刺さる。2-0
IMG_1696.jpg
IMG_1697_201807021308044c1.jpg

前半24分、久我山左サイドから仕掛ける。野田くんが出した横パスを中央一人、二人とスルーして手薄な逆サイドの戸坂くんへ。
戸坂くんが左足でゴール左隅に決めた。2-1
IMG_1704.jpg

成立のCB照山くんが自陣からのロングフィードを前線の窪田くんへ。
ラインの裏に抜け出した窪田くんは背後からのボールをワンタッチで上手く処理すると浮き球をニアのコースへシュート。
ニアを強襲するシュートは久我山GK生垣海渡くんが枠外に弾き出す。
IMG_1713.jpg

久我山、左サイドから左SB竹浪良威くんがオーバーラップから成立DFのクリアミスを拾ってゴールライン際まで持ち込み、中央へドリブルからのシュート。
これはサイドネット。
IMG_1724.jpg

成立、八木橋くんがドリブルで中央突破をはかる。
PA僅かに外で久我山DFに倒されFKを獲得。
IMG_1709.jpg
原くんが左足で直接狙うが枠の上。

前半終了。

成立は窪田くんと八木橋くんの前線が上手く機能している。
窪田くんは左SHの吉永くんとポジションを入れ代わってサイドに張り出し八木橋くんが1.5列目から仕掛けるなど流動的。
中盤ではボランチコンビの大野くんと原田くんがセカンドボールの回収や相手のカウンターの起点を潰す。
守備陣はDFラインからのビルドアップでゲームを組み立て。
CB照山くんが縦パスで攻撃のスウィッチを入れる。
前半は照山くんのロングフィードが冴えていた。
後方から一気に前線へ。
ラインの裏へ絶妙なボールを落としてくる。
IMG_1700_201807021309519e3.jpg

久我山はウォーターブレイク後にバイタルでの細かい繋ぎが活性化。
サイドからのショートパスをキッカケに徐々に中央へ侵攻してくる。
チームの肝とも言えるアンカー高橋くんは中盤の底でボールを左右に配球。
ここでプレスをかけられボールを奪われると一気にカウンターをくらう恐れがあるのだが高橋くんはパスだけでなくキープ力によって中盤の礎となる。
ただ守備面ではDF陣が芝生に足を取られて滑ったりCBが釣り出されてピンチになる場面も。
ここは後半どう修正してくるのかが見所。
IMG_1688_20180702130743793.jpg

後半開始。

久我山は5番に代えて15番をピッチへ。
IMG_1731.jpg

成立26番をピッチへ、右SHに入る。
IMG_1734.jpg

久我山、CB保野友裕くんをピッチへ。野田くんと交代。金子くんが左に入りCBだった豊田歩くんが中盤に上がる。
IMG_1753_20180702132855778.jpg

久我山、右サイドからのパス交換で最後は豊田くんのミドル。
コース右隅を狙ったが成立GK大野来生くんが横っ飛びからの腕一本でセーブ。
IMG_1747.jpg

後半34分、成立ロングフィードに対し前線の選手が詰める。GKが前に出て処理前方の選手にパスを預ける。
受けた選手がもう一度GKにバックパスしようとするがこのパスが中途半端なスピード。
GKに届く前に窪田くんが掻っ攫いGKの位置を良く見てシュート。コース右に決まった。3-1
IMG_1736.jpg

成立、大野くんに代えてボランチに28番を投入。
IMG_1751.jpg

真夏日のピッチ、両チームとも疲弊しているはずだが成立も久我山もまだ出足は鈍っていない。
特に成立の攻撃陣は果敢な前からのプレスを怠らない。
そして特にハードワークしていたのが成立のボランチ原田くん。
中盤の底でボールホルダーにはまとわりつくようなプレスでボールを奪う。
ピッチを縦横無尽に駆け回り久我山の攻撃の起点を潰していく。

久我山は12番、13番、9番を立て続けにピッチへ。
9番はトップの位置に入る。
IMG_1750.jpg
さらに久我山は右SB井上翔太くん左SB竹浪くんが高い位置を取り攻勢に出るが、、、

試合終了。
3-1で成立学園が國學院久我山に勝利。

久我山は攻撃陣を選手交代を含めて試合経過毎に配置を転換。
特にCBだった豊田くんが中盤にあがりバイタルでの攻撃の組み立てに多大な貢献。
金子くんも左に入るとサイドからのドリブルの仕掛けとパスを織り交ぜ中央バイタルをこじ開けにかかる。
途中交代でトップに入った9番も恵まれた体格を最大限活かしたポストプレー。
さらに両SBが積極的なオーバーラップで攻撃に厚みを増す。
右SB井上くんの運動量は後半になっても衰えず。
井上くんと戸坂くんが絡むことで右サイドに橋頭堡を打ち立てる。
守備陣からのビルドアップはまずサイドに振ってから縦パスで前へ、もしくは中盤に預けて中央からさらにサイド、もしくは中央をパスワークで強行突破。
GK生垣くんのフィードも精度が高い。
IMG_1756_20180702132115189.jpg

成立で後半素晴らしい活躍をしたのはボランチ原田くん。
相手ボールの時はいてほしいところにいるポジショニング。
中盤で彼がダイナモとなりボールホルダーへの果敢なチェックは久我山の攻撃の勢いを半減させていたといっても過言ではない。
しかもそれを後半の半ばを過ぎた一番キツイ時間帯でまるで気温の高さなど感じさせない運動量でピッチを所狭しと走り回り遂行する。
守備陣は細かいミスもあったが後半は久我山を無失点に抑えた。
CB西尾将吾くん照山くんのコンビは照山くんの空中戦の強さ、西尾くんのカバリーング能力が上手く噛み合った。
照山くんのロングフィードは後半、久我山が対応してきたことからスペースが減りなかなか出すチャンスが無かったがそれでも右サイドの窪田くんへ出したフィードは素晴らしかった。
後半は風下にたったが風の影響を考え低空のロングフィードを窪田くんへ通す。
スペースに出すというよりもここしかないという着弾点を計算し尽くした絶品のロングフィード。
成立の攻撃陣にはドリブラーの吉永くん1.5列目の位置でチャンスメイクの出来る八木橋くんと揃っている。
二人とも一人で局面を打開出来る各々の持ち味を持ち、それらが混ざり合うことであらゆる種類の攻撃を仕掛けられる。

この試合の"SMVP"は窪田稜くん。
文句無しの2ゴール。
去年観た印象では「ラインブレイクに優れたスピードあるストライカー」だった。
ところがこの試合ではスピードはそのままによりテクニカルな選手になっていた印象だ。
ドリブルで相手をワンタッチ、ツータッチの切り返しで完全に翻弄。
ポジションも常に最前線に張っているわけではなくサイドに流れてボールを引き出し長い距離をドリブルで加速していく。
去年の様な2トップの一人の11番ではなくファンタスティックな10番に進化していた。
ポジションと背番号が選手をここまで変えるものなのかと驚きを隠せない。
こういう選手を観ることもこの年代を観戦している醍醐味の一つ。
IMG_1758_20180702132157462.jpg
IMG_1759_20180702132145c5e.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

> 成立のGKは阿部ではなく大野来生です。

失礼しました。訂正しておきます。
プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ