FC2ブログ

One To Another ~2018 Jユースカップ:横浜F・マリノスユースvs北海道コンサドーレ札幌U-18〜


エルドリッチ・ロアテラー(白坂小梅、松永涼)の配信された『アンデッド・ダンスロック』聴いてるけどベースめっちゃグルーヴィーでウネリまくりやん!
タイトなドラム、ソリッドなカッティングギターとかバリバリマッドチェスター感ある(あとストーン・ローゼズの『Begging You』とか)
ちなみにワイはザ・シャーラタンズを思い出した。
『アンデッド・ダンスロック』のサウンドええやん!って人にはこの曲をオススメ。

ザ・シャーランタンズの『ウィアード』
叩きつける様なハモンドオルガンと応酬するようなギターリフがかっこええんよ。
ちなみに「ウィアード」は「不思議な」とか「奇妙な」って意味。
プロモもちょいホラーというかフリークショー感ある。

2018 Jユースカップ 第26回 Jリーグユース選手権大会 準々決勝
横浜F・マリノスユースvs北海道コンサドーレ札幌U-18

IMG_3234.jpg

マリノスは4-4-2
栗原秀輔くんと榊原彗悟くん。
左SHに椿直起くん右SHに山谷侑士くん。
土佐陸翼くんと岩澤桐人くんのボランチ。

札幌は4-4-2
大和蓮くんと木戸柊摩くんの2トップ。
左SHに小笠原大将くん右SHに船戸一輝くん。
ボランチは安田弐士輝くんと本間洋平くん。

さて、試合。

前半15分、マリノス左サイドから中央に戻して土佐くん。2CBの間を通すスルーパス。
榊原くんがパスの勢いを殺しつつターンして前を向きGKと一対一、右足で決めた。マリノス先制。1-0
IMG_3243_20181105114444c33.jpg
IMG_3244_20181105114452d31.jpg

マリノス、右サイド山谷くんから中央へ折り返しのパス、岩澤くんがスルーして椿くんがダイレクトでミドル。
グラウンダーのシュートがコース左に決まるも札幌DFとGKに間にマリノスの選手が立っていた為オフサイド判定。
IMG_3263.jpg

札幌、左サイドから大和くんがドリブルで切り込む。
PAまで持ち込んでシュートもDFブロック。
IMG_3267.jpg

札幌カウンターから左サイド小笠原くんが持ち込んでシュートも枠外。
IMG_3251.jpg

マリノス、CKチャンス。ファーのCB鈴木駿之助くんが合わせるが札幌の右SB福田心之助くんがニアのコースを体でブロック。
IMG_3281_2018110511464451a.jpg

札幌左サイド大和くんがゴールライン際まで持ち込んでグラウンダーの折り返し。
ゴール前、船戸くんのシュートはマリノスDFにブロックされるがこぼれ球を木戸くんがシュート。
ゴールチャンスだったがシュートは左に逸れる。
IMG_3269.jpg

前半終了。

マリノスは攻撃陣が上手く機能している。
前線の栗原くんは中央でのポストから状況を見てサイドへ流れてボールキープ。
右SH山谷くんは右サイドのスペースを有効に使う。
左SH椿くんは対面のDFがいてもボールを前へ前へ進める。
ボランチの岩澤くんが中盤から前線への攻撃に絡み。
土佐くんが中盤でボールを捌きマリノスの攻撃の起点になる。
DFラインからのフィードも要所要所で決まっていた。
出し手となるCB五十嵐大悟くんのロングフィード。
右SB木村卓斗くんの縦パスで右サイドの山谷くんを走らせる。
一番効いていたのが榊原くん。
左右のサイドでゲームに絡み、中盤からドリブルで持ち上がる。
さらにはシャドー的にライン裏へ飛び出す動き。
プレーエリアが広く、神出鬼没、あらゆる場面に顔を出し効果的なプレーで攻撃の点を線に繋げていく。
札幌も彼の動きを捉えきれていない。
IMG_3257_20181105114505ba7.jpg

札幌はDF陣がマリノスの攻撃をよく防いでいた。
CBコンビの山本実野里くんと中村桐耶くんが自ら壁となりマリノスのシュートをブロック。
サイドではある程度マリノスの自由にやらせていても中央の守備ブロックをしっかり固め。
失点を最小限に食い止める。
攻撃面ではSH小笠原くんやFW大和くんが縦に速く仕掛ける。
マリノスの前線から中盤のプレスは圧が強く、ボールロストするシーンも多かったがマリノスはDFラインが多少引いて守る傾向があるのでなんとか中盤のプレスを抜ければバイタルではある程度勝負出来るスペースと人数が揃う。
マリノスに押し込まれている時間帯も2トップが前線に残っているのでカウンターへの態勢が瞬時に整う。
2トップもある程度引いて守るというやり方もあるがそれだと押し込まれっぱなしになってしまい防戦一方の展開になっていただろう。
IMG_3264.jpg

後半開始。

後半5分、マリノス右サイド山谷くんからのクロスをゴール前で榊原くんが右足ダイレクトで合わせる。2-0
IMG_3282.jpg
IMG_3286.jpg
IMG_3287_2018110511510805c.jpg

後半12分、マリノス左サイドからSB池田航くんのクロス。高めの位置から大きくファーを狙ったクロスはジャンプした札幌DFの頭上を超えて栗原くんの足元へ。
栗原くんがワントラップからDFのスライディングを切り返しで躱してシュート。3-0
IMG_3288.jpg
IMG_3289_201811051151273bd.jpg
IMG_3290_20181105115132db9.jpg

札幌は木戸くんに代わって菅野紘希くんがピッチへ。
IMG_3291.jpg

後半17分、マリノスにCK。左からのCKキッカーの土佐くんが蹴ったボールにニアに走り込んだ栗原くんがバックヘッドでフリック気味に後ろのゴールへ流し込む。4-0
IMG_3296_20181105115352674.jpg

マリノス、榊原くんが交代。津久井匠海くんがトップに入る。
IMG_3298_20181105115400230.jpg

札幌、船戸くんに代わり髙島舜介くんが入る。
髙島くんはそのまま右SHに。
IMG_3313_20181105115420327.jpg
さらに本間くんに代えて小山田凌くん。
小山田くんはトップに入る。
IMG_3312_2018110511540990f.jpg

マリノスは植田啓太くんがピッチへ。
IMG_3332_20181105115714c7e.jpg

後半31分、マリノス右サイド山谷くん突破から深い位置で低空クロス。
札幌GKが弾いたこぼれ球を途中出場の津久井くんが左足で押し込んだ。5-0
IMG_3334_20181105115718c25.jpg
IMG_3336_20181105115723fc8.jpg
IMG_3337.jpg

札幌は小笠原くんに代えて中村友哉くんをピッチへ。
IMG_3338_201811051159236a2.jpg

後半37分、札幌左サイドで高い位置を取っていた左SB田中光太くんの仕掛けからクロスまで持ち込みゴール前で小山田くんが合わせた。5-1
IMG_3344.jpg
IMG_3345.jpg

マリノスは右SB木村くんに代えて日隈雄作くん。
IMG_3348.jpg

さらに栗原くんに代えてブラウン ノア 賢信くん。
賢信くんと津久井くんの2トップに。
IMG_3351.jpg

札幌、安田くんに代えて池田蓮くん。
IMG_3356.jpg

後半43分、札幌右サイドSB福田くんのクロスを髙島くんがシュート。5-2
IMG_3359_20181105120301ee6.jpg

マリノス、右からのCK。キッカー植田くんのボールにニアで鈴木くんがヘッド、ニアで山谷くんが僅かに触ってコースを変えるも札幌GK前川廉くんが足でシュートブロック。

試合終了。
マリノスが準決勝進出。
11月11日にヴィッセル神戸U-18と対戦する。

札幌は後半の立ち上がり左右サイドから立て続けに失点したのは痛かった。
中央で選手が捕まえきれなくなり、さらにマリノスの交代選手がガンガン中央から仕掛けてくる。
攻撃もサイドを起点にするという基本戦略はいいのだが2トップにまでなかなかボールが渡らず。
もっとシンプルに前線に当てるという攻撃パターンを織り交ぜてもよかったかもしれない。
最後の時間帯で小山田くんと髙島くんの途中出場の二人が2点返す。
特に小山田くんは前線で何度もボールを要求。
ストライカーらしく「とにかく俺にボールを!」という気持ちが伝わってきた。
IMG_3376_20181105120306d0f.jpg
IMG_3384_2018110512031535b.jpg

マリノスは攻撃の強度が最後まで落ちなかった。
前半から椿くんと山谷くんのサイドアタックは札幌のサイドを掻き回す。
椿くんはトラップからの初動でスピードに乗りタッチ毎に加速して相手を引き離すドリブルを武器に左サイドで躍動。
さらにサイドからカットインして中へも切り込んでくる。
山谷くんはサイドでのボールキープからのドリブルにも重心がブレず相手をしっかり見ながら逆手を取るドリブル。
タイプの違う両SHがマリノスの攻撃の大きな武器になっていた。
共に2ゴールの栗原くんと榊原くんの2トップも榊原くんの広いプレーエリアに対して栗原くんが上手くバランスを保つ位置取り。
FWとしてしっかり結果を残した。
交代で入った津久井くんと賢信くんもタイプは違うが面白い2トップ。
津久井くんのゴリゴリ中央から突破していくドリブル。
全力で前線からプレッシングをかける。
常にゴールを狙う姿勢は生粋のストライカーという印象。
ポスト直撃弾やフリーでの抜け出しなど何度もゴールチャンスを作り出す。

この試合の"SMVP"は土佐陸翼くん。
先制点のスルーパスとCKのキッカーとして2アシスト。
稀有のサイドアタッカーを左右に揃えるマリノスにとって中盤で扇の要となり左右に展開する彼は必要不可欠な存在。
正確なショートパスと的確なサイドチェンジ。
中盤でカウンターの芽を摘む守備から攻撃へ。
相手のプレスを受ける前に最小限のタッチでフリーのスペースで受けパスを繋いでいく。
確実性だけのパスではなくソリッドな縦パス、さらに先制点のアシストの様な相手の急所に突き刺すスルーパスも。
IMG_3370.jpg
IMG_3379.jpg
IMG_3385.jpg
IMG_3386.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ