FC2ブログ

Movin' On 〜全国高校サッカー選手権大会 埼玉県大会:昌平高校vs浦和東高校〜

11月11日はサッカーの日(と小市眞琴さんがLIVEで言っていた)

平成30年度第97回全国高校サッカー選手権大会 埼玉県大会 準決勝
昌平高校vs浦和東高校

IMG_3562.jpg

昌平は4-4-2
2トップは渋屋航平くんと西村悠希くん。
左SH 森田翔くん右SH木下海斗くん。
ボランチは丸山聖陽くんと原田虹輝くん。

浦和東は4-4-2
2トップは前田祥玲くんと河西輝星くん。
左SH石塚陸斗くん右SH横田遥人くん。
ボランチは杉山琉汰くんと中野音央くん。

さて、試合。

前半13分、昌平の森田くんが左サイドから中央へパス。
木下くんが受けてワンタッチ、ツータッチでDFを外してシュート。昌平先制。1-0
IMG_3576_20181115102502c67.jpg
IMG_3577_20181115102506253.jpg

浦和東は左サイド石塚くんのドリブル突破から中央へ横パス。
PA手前で受けた横田くんがシュートを狙うもややミートしきれず。昌平GK牧之瀬皓太くんが正面でキャッチ。
IMG_3594 (1)

さらに浦和東、ライン裏に上手く抜け出した前田くん。
PAまでドリブルで進むも昌平GK牧之瀬くんが果敢に飛び出してブロック。
IMG_3580_20181115102515b0d.jpg

前半28分、昌平ボランチ原田くんのパスが左サイドから走り込んできた森田くんへ。
思い切り左足を振り抜いたミドルがゴールネットを揺らす。2-0
IMG_3586_20181115102547208.jpg
IMG_3587_20181115102555144.jpg
IMG_3588_20181115102600344.jpg

昌平は浦和東ゴール前での競り合いでCB関根浩平くんが頭部を負傷し出血。
しばらくベンチで治療、テーピングを巻いてピッチへ戻ってくる。
IMG_3592.jpg

前半35分、浦和東は前田くんに代えて小川翼くんを投入。
小川くんは前線へ。
IMG_3604.jpg

前半終了。

浦和東は先制点は取られたがその後は左サイドの石塚くんが積極的にドリブルで仕掛ける。
左SB青鹿真太郎くんもオーバラップでサイドを駆け上がり攻撃参加。
石塚くんと青鹿くんのコンビで左サイドから攻勢を掛ける。
守備では昌平にボールを支配される時間が続いたがボランチのキャプテン中野くんがDFラインの手前で昌平の攻撃を食い止める。
ただビルドアップに難あり。
DFラインから繋いでいく意識はあるのだがサイドから斜め前方に入れる中盤へのパスを昌平にカットされる。
ここで勿体無いボールロストが何度か。
パスの精度というよりもパスコース、ゲーム展開を昌平に読まれていた。
ただ2点差だが全くチャンスを作れていなかったわけではない。
前半のうちの積極的な交代で前線を変更してきたが後半どうなるか。
IMG_3595.jpg

昌平は2-0で申し分なく前半を終えた。
全体的にボールを保持しDFラインのビルドアップから中央、そしてサイドへ。
先制点の右SH木下くんは攻撃は勿論、守備でも貢献。
浦和東のDFラインから中盤へのパスを何度も遮断していた。
そして2得点に絡んだ左SH森田くん。
左サイドから中央へカットインしていくドリブル。
ウィングとセカンドアタッカーの役割を兼務。
2トップは渋屋くんが180cmの長身FWだが前線に張るよりも一列下がってボールを受ける。
前線でのポストというよりも一列下からのトップ下的なゲームメイク。
IMG_3578_20181115102509d22.jpg

後半開始。

後半12分、昌平は中盤で原田くんから右の渋谷くんへ。
渋谷くんからのリターンを原田くんがダイレクトでバイタル右の木下くんへ。
木下くんからバイタル中央の森田くんへ。
森田くんのキープしてる間に左から回って駆け上がった原田くんが森田くんのラストパスを右足ダイレクトで蹴り込んだ。3-0
緩急をつけたショートパスとスペースへのポジショニング。
常に浦和東の一手先を取り続けた見事な攻撃。
IMG_3624.jpg
IMG_3625.jpg

浦和東、杉山くんに代えて大越來くんをピッチへ。
IMG_3634.jpg

浦和東、右サイドからのクロスに小川くんがヘディングを合わせるも芯で捉え切れず枠外。

昌平、西村くんに代えて大和海里くんを前線へ。
IMG_3654_20181115103532795.jpg

浦和東、石塚くんに代えて志村直樹くん。
IMG_3646_201811151037049dc.jpg

昌平は交代出場の大和くんが左サイドに流れドリブルで中央へ切り込んでいく。
アグレッシブな姿勢でたとえドリブルをカットされてもボールに食らいついて取り返そうとする。
彼の投入で前線が活発になり、両サイドのアタッカーもガンガンゴールを狙う。
IMG_3631.jpg

浦和東は3バックにしてCB上原龍くんを前線へ上げる。
とにかく前線に人を配しロングキックや志村くんのロングスロー等の飛び道具を武器にゴール前に迫ろうとする。
IMG_3662_20181115104531b65.jpg

昌平は木下くんに代えて須藤直輝くん。
IMG_3665_20181115103538a3f.jpg
さらに左SB堀江貴大くんに代えて山本蓮くんをピッチへ。
IMG_3663_2018111510353523f.jpg

浦和東はパワープレーを続けるが昌平DF陣も守備陣形を乱さない。
空中戦で跳ね返すと前線の大和くんを走らせる。
IMG_3653_20181115103524bbc.jpg

試合終了。
昌平が決勝進出。
決勝のカードは昌平高校vs浦和南高校となった。

浦和東はなかなか有効な攻撃の形を作る事が出来なかった。
前半良かった左サイドも後半はトーンダウン。
前線の人数を増やしてのパワープレイも跳ね返される事が多く、セカンドを拾っての波状攻撃にも繋がらない。
また所々でパスコースを消されてしまい攻撃が分断される。
IMG_3676.jpg

昌平は後半の3点目。
そして大和くんの投入が大きかった。
ドリブルという明確な持ち味を武器に浦和東を撹乱する。
渋屋くんが前線から少し下がってボールを受けサイドに展開。
両SHがサイドだけでなく中に絞って中央からゴール前に迫る。
木下くんは後半も守備から攻撃に奔走。
丸山くん原田くんの両ボランチも中盤で上手くバランスを取っていた。
原田くんは中盤の底からゲームメイクすることもあれば3点目の様に自ら前線に上がって得点を決める。
丸山くんは原田くんが前目の時は縦の関係を保ちながら中盤の底をケア。
二人共守備時はプレスでキッチリ相手に寄せ、少しでも甘く入ったパスは中盤でインターセプト。
DF陣も関根くんと阿部天翔くんのCBコンビを中心に80分間危なげない守備を持続。
多彩なアタッカー陣も魅力的だが堅実な守備がチームに安定感をもたらした。

この試合の"SMVP"は森田翔くん。
1ゴール2アシスト。
全ての得点に絡んだ。
サイドからのドリブルだけではなく3点目のアシストは前線バイタル中央から丁寧なラストパス。
2点目の閃光の様な左足シュート。
ピッチのどこにいてもゴールに直結するプレーが出来る。
IMG_3680_20181115103723abf.jpg
IMG_3681.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ