FC2ブログ

SHAKE 〜高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ:大宮アルディージャU18vs鹿島アントラーズユース〜

プレミア三試合目。
いま鹿島ユースの監督って中村幸聖さんなんやね。
コーチは柳沢敦さんやしスタンドに小笠原満男さんもおって眼福やった。
満男さんスタイルええし格好ええわ(ちなみに「高体連の雷電」こと青森出身のK氏は高校時代東北大会で小笠原満男のいる大船渡高校と対戦したらしい)
ワイと同世代やとは思えん。

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019
大宮アルディージャU18vs鹿島アントラーズユース

IMG_5315_20190408100528f99.jpg

大宮は4ー4ー2
大澤朋也くんと新井成志郎くんの2トップ。
左SH髙田颯也くん右SH林勇太朗くん。
ボランチは瀬良俊太くんと谷口大晟くん。

鹿島は4ー4ー2
柳町魁耀くんと栗俣翔一くんの2トップ。
石川原憂汰くんが左SH、生井澤呼範くんが右SH。
ボランチは舩橋佑くんと国府田宗士くん。

さて、試合。

大宮はサイドアタックに活路を見出す。
左SH髙田くんがドリブルでゴールライン際まで進むと中央へ折り返し。
右SH林くんはドリブルと足元の細かいタッチで直角にカットインしてくる。
いずれも鹿島が中央を固めているのでシュートブロック。
クロスもそう容易くは通させない。
IMG_5322.jpg

鹿島はSHがボールを持ったらシンプルに縦に仕掛けクロスをゴール前へ。
ロングボールも蹴ってくるが大宮のCBに跳ね返される。
IMG_5326.jpg

前半ロスタイム、大宮右サイドでFK獲得。時間的にはこれがラストプレー。
キッカーは瀬良俊太くん。
15_20190408101248944.png
右足で巻いて蹴ったキックは大澤くんの頭にドンピシャ。
大澤くんがヘディングを捻じ込んだ。大宮先制。1ー0
っdf
IMG_5329.jpg
IMG_5332.jpg

この直後に前半終了のホイッスル。

鹿島はプレッシングの位置がだいぶ低い。
ポゼッションは大宮に明け渡しつつしっかり引いてブロックを作りゴール前のボールを迎撃してきた。
CBコンビ小針宏太郎くんと木内達也くんは相手のボールと身体の間に上手く半身を入れファウルなしでボール奪取。
ボランチの舩橋くんと国府田くんも守備の意識が高く大宮のボール回しに付き合うことなくここぞというタイミングで身体を張る。
だがラストワンプレーで不用意なファウルが出てしまった。
攻撃面ではなかなかチャンスを作れない。
SHは突破力はあるがサイドを抉ったその先にプレーが繋がらない。
大宮のDF陣に揺さ振りをかけられていない。
またクリアされセカンドを拾われて大宮がまた回し始めるという展開が続く。
IMG_5325_20190408100559f0b.jpg

大宮はボランチの瀬良くんが車輪の軸の様にチームに欠かせない存在。
ボールを取られることがほとんどないので自ずと彼にボールが集まってくる。
それを360度に展開する。
足元でキープしつつターンしながら次のパスの最適解を掌握。
2トップの大澤くんや新井くんも含め前線の選手は全員ドリブルで仕掛けられる。
中でも左SH髙田くんのドリブルは”異質”なレベル。
長いストライドで一気に振り切る直線型のドリブルと。
細かいタッチでボールを刻みながら円舞するかの如く曲線型のドリブル。
大太刀と小太刀の二刀流。
一人、二人に寄せられても全く苦にしている様子がない。
三人に囲まれればドリブルしながら"隙間"を探す。
さらに縦だけでなくカットインして中央に入ってくる。
そしてドリブルだけでなくドリブルしながらパスも出せる。
IMG_5337.jpg

後半開始。

鹿島右からのCK、柳町くんのキックに生井澤くんがヘッドを合わせるが枠の外。

鹿島、石川原くんに代えて竹間永和くんをピッチへ。
IMG_5336.jpg

大宮、左サイド髙田くんのパスから大澤くんがPAへ抜け出しニアを強襲するシュート。
これは鹿島GK寺門碧生くんがブロック。
IMG_5324_20190408100553f58.jpg

鹿島、唐澤くんに代えて梅津凜太郎くんをピッチへ。
梅津くんはトップに入る。
IMG_5338_20190408101419a99.jpg

大宮、大澤くんに代えて中山昂大くんをピッチへ。
中山くんはそのまま大澤くんの代わりにトップをやっていたが後に左SH髙田くんとポジションチェンジ。
髙田くんがトップに入る。
IMG_5342.jpg

鹿島左からのCK、柳町くんからのキックにゴール前生井澤くんが走り込んでインサイドで合わせるがシュートはバーを叩く。
IMG_5347_20190408101654eec.jpg

鹿島左からのCK、柳町くんのファーへのキックをゴール前へ折り返し。
こぼれ球を生井澤くんが落とし柳町くんが右足シュート。
これはポスト直撃。

大宮、田中颯太くんに代えて山田結斗くん。

鹿島、負傷した梅津くんに代えて石井翔太くん。

鹿島右からのFK。竹間くんのゴール前へのキックはクリアされるが小さい。
こぼれ球を鹿島の石井くんが倒れながらゴール前へ小さくロビング気味の浮き球を入れる。
栗俣翔一くんがバイシクルシュートで合わせ、GKの頭上を超えるもゴールラインを背にカバーに入っていた大宮CB村上陽介くんが身体でシュートブロック。
大きく蹴り出す。

試合終了。
大宮が1ー0で鹿島に勝利。

鹿島は終盤のセットプレーの猛攻も実らず。
バーに弾かれたのが1本、ポスト直撃が1本、DFにブロックされたのが1本と紙一重で決定機を逃した。
最後はCB小針くんもサイドまで駆け上がり攻撃に参加。
大宮の足が完全に止まっていたところで畳み掛けたのだが。
終盤の攻めの姿勢はいいのだが前半からの攻めのプランはもう少し練る必要がありそうだ。
いかんせん偶発頼みすぎるところがある。
それにしてもキッカー柳町くんのセットプレーの精度高さ。
鹿島にとって今シーズンの大きな武器になりそうだ。
IMG_5359.jpg

大宮は最後はなんとか逃げ切った。
終盤は足をつる選手が続出。
つった選手から随時交代させるチームとしての総力戦。
チームとしての運動量が落ちていく中で右SHの林くんは守備で多大な貢献。
思い切って引いてサイドの守備に徹した。
村上くんと福井啓太くんのCBコンビも集中を切らさなかった。
福井くんは守備に加えて高精度ロングフィード兼ね備えている。

この試合の"SMVP"はCB村上陽介くん。
183cmと長身CBで空中戦に強い。
だがそれだけでなくオフザボール時の駆け引きに長けたCB。
相手にボールが入る前にあらゆる工夫を凝らしFWを絡め取る。
対峙する選手にとっては実に難儀な存在だろう。
だが身を呈してゴールを守るその姿は味方にとって守護聖人。
IMG_5357_201904081017138ce.jpg
IMG_5358.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ