FC2ブログ

Stardancer 〜高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関東:横浜F・マリノスユースvs帝京高校〜



現在のモバマスでの投票状況。
50.png
デレステと足して700票ぐらいかな?
デレステはともかくワイはモバマスをずっとポチポチやってたからそれなりに兵站が貯まってるからええけど全くの初心者にはキツイやね。
助言をするならこれから全くの新規でモバマス始める人はイベントの投票券全回収はかなりキツイと思うので無理をせず。
来年以降も投票するのなら一年かけて地道に戦力を揃えることをおすすめします。
担当アイドルの応援プロダクションに入っておけば同僚が色々助けてくれるはずです。

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関東 2019
横浜F・マリノスユースvs帝京高校

IMG_5974_20190504231825632.jpg

マリノスは4ー4ー2
ブラウン ノア 賢信くんと津久井匠海くんの2トップ。
左SH井出真太郎くん右SH松田詠太郎くん。
ボランチは吉尾虹樹くんと植田啓太くん。

帝京は4ー4ー2
小島匠瑛くんと石川航大くんの2トップ。
左SH髙橋岳くん右SH中瀬拓夢くん。
ボランチは佐藤悠生くんと宮﨑海冬くん。

さて、試合。

マリノス、左SB池田航くんのサイドからのクロスにゴール前で賢信くん合わせる。
ゴールにはならなかったが試合開始早々良いチャンス。
IMG_5979_20190504231849359.jpg

前半24分、左サイド井出くんが抜け出し深く抉ってからクロス。
ゴール前高い打点で賢信くんがヘディングを叩き込む。マリノス先制。1ー0
IMG_5989.jpg
IMG_5990_20190504232319dc1.jpg
IMG_5991.jpg

帝京は山川高輝くんに代えて本山大器くんをピッチへ。
IMG_5993.jpg

帝京、前線で小島くんが中央ドリブルでキープしDFを引きつけて左サイドの高橋くんへパス。
髙橋くんはDFラインの裏に鋭くグラウンダーで入れるがこれはDFカット。
IMG_5995.jpg

前半30分、帝京左サイド髙橋くんのクロスに小島くんがゴール前飛び込んでヘディング。帝京同点1ー1
IMG_5998.jpg
IMG_5999_20190504232607c24.jpg

前半37分、マリノス左サイド井出くんからのパスにラインの裏へ抜け出した津久井くんが受けPAへ。
ドリブルから切り返し、からの切り返しで角度のあまり無い位置からニアのゴール左上段を撃ち抜く。
マリノス逆転。2ー1
IMG_6005.jpg
IMG_6006.jpg

前半40分、マリノスがゴール左30m程の位置でFK獲得。キッカーは井出くん。
IMG_6008.jpg
右足でゴール左上隅を狙ったキックはバー直撃。跳ね返ったボールを再び井出くんが受けて逆サイドへサイドチェンジ。
右サイドで受けた松田くんがドリブルと切り返しでPAへ入っていきゴール前へ折り返したボールをCB和田昂士くんが右足で合わせた。3ー1
IMG_6012_20190504232946d0c.jpg
IMG_6014.jpg

前半終了。

マリノスがポゼッション、チャンスメイク共に優位に立った前半。
DFラインからボランチの吉尾くん植田くんとで繋いでいき両サイドへ。
前線は賢信くんを前に配し津久井くんがやや下り目でボールを受ける。
賢信くんは188cmの長身FWだが長身選手にありがちな線の細さ腰の高さを感じさせないプレー。
DFを背にして一度腰を当てて距離を作りボールをキープする。
前線からのプレスもしっかり掛け続けオフザボールでも常にスペースを確保する動き出し。
そして去年に続き両SHが躍動するサッカー。
特に左SH井出くんはドリブル、クロス、ラストパス、セットプレーと攻撃面のあらゆるタスクをこなす。
左サイドはSB池田航くんがSHのサポートに留まらないプレー。
オーバーラップも井出くんの大外から駆け上がるだけではなく中へ走り込んでいく。
DFラインからの攻撃参加で中央でフィニッシュにまで絡むシーンも。
守備時はサイドだけでなくボランチの位置までカバーに入る。
モダンなSBだ。
IMG_5980_201905042318514f1.jpg

帝京は4ー4ー2から攻撃時は両SHがサイドに張り出す形の4ー2ー4
サイドからDFラインとGKの間のスペースへ低く鋭いパスを出す。
2トップも前線に張るポストプレーヤータイプではなくライン裏へ抜け出すシャドーストライカー的な役割。
手数も最小限にほぼワンタッチかツータッチでラストパスを出す。
同点弾は左サイドからの速く鋭いクロスに小島くんがDF間の隙間を突く形で飛び込んだ。
攻撃面はシンプルだが迷いはなく決まれば一撃で仕留められる。
プレスを掛ける位置は高くはなくある程度ボールを回される事を前提とした上でのサッカー。
ただし両サイドの負担は相当大きいだろう。
攻撃だけというわけにはいかずボールを取られればボランチの脇がガラ空きになる。
守備面でのタスクも大きい。
IMG_5985_20190504231902842.jpg

後半開始。

帝京は後半から石川くんに代えて松村亮祐くんを投入。
IMG_6026.jpg

後半4分、帝京左サイドPA手前から宮﨑くんが右足一閃!
強烈なミドルをコース右に突き刺した。3ー2
IMG_6028.jpg
IMG_6029_2019050423332057e.jpg
IMG_6024.jpg

後半10分、帝京に左サイドでFK。
IMG_6033_20190504233327253.jpg
石井隼太くんの蹴ったボールはGKの前を横切りDFのマークをすり抜けて走り込んだ宮﨑くんが頭で合わせた。帝京同点。3ー3
IMG_6036_20190504233340263.jpg
IMG_6037.jpg

帝京、左サイドからFKにCB鳥木秀音くんがゴール前ヘディングを合わせるが枠の外。
IMG_6038.jpg

マリノス二人交代。賢信くんに代えて石井宏育くん。
IMG_6043_20190504233749e16.jpg
和田くんに代えてCBに木村恵風くんを投入。
IMG_6044.jpg

マリノス右からのCK、井出くんのキックにゴール前で小林夏生くんが右足を合わせてシュート。
DFにブロックされるがゴール手前へのこぼれ球に詰めて再び小林くんがシュート。
これを帝京GK冨田篤弘くんが距離を詰め身体を張ってブロック。
IMG_6066.jpg

後半28分、マリノスの石井くんが帝京のバックパスにチェックをかける。
カットし左に流れたこぼれ球を津久井くん拾ってドリブルからPAの石井くんへ横パス。
受けた石井くんは右足アウトサイドで切り返してDFを躱し中央から右足シュート。
コース左に決まった。4ー3
IMG_6051 (1)
IMG_6054.jpg
IMG_6055_20190504233933b7c.jpg

帝京、中瀬くんに代えて中井翔一くんをピッチへ。
IMG_6060_20190504234049960.jpg

マリノス、中央津久井くんが持ち込んで右サイドの松田くんへパス。
松田くんが折り返したボールを石井くんがダイレクトでシュートもこれはGK正面でキャッチ。
IMG_6068.jpg
さらに井出くんがサイドから中央へ切り込んでミドル。
得点にはならなかったが畳み掛けるマリノス。
IMG_6071.jpg

帝京、佐藤くんに代えて五町蓮くん。
IMG_6075_20190504234220bcd.jpg

マリノスにFK、ペナルティアーク付近やや左。
キッカーは井出くん。壁の間を抜けて直接狙ったがGK冨田くんが正面でキャッチ。
IMG_6081.jpg

この辺りから遠くの方で雷鳴が。
ピッチ脇の主催者達がスマートフォンで天気図を見ながら話し合っている。

帝京選手交代、宮﨑くんに代えて松村敦矢くん。
IMG_6086.jpg

帝京左サイドからFK、キッカーは石井くん。ニアに走り込んだ松村くんがファーへ逸らし本山くんがヘディングで合わせようとするがマリノスが競り勝った。

後半ロスタイム突入。

雨もポツポツとだが降り始めてきた。
ここで再び雷鳴。
一度ピッチから審判団と選手、ベンチの全員が引き上げる。
そしてマイクで主催者からの説明が。
まずこの天候は中断しても回復しないこと。
そして大会規定によれば75分経過していれば試合成立とのこと。
恐らくロスタイムはあと1分ぐらいだっただろうか?
この時点で試合成立。
マリノスが4ー3で勝利。

帝京は後半攻撃のパターンが増えた。
サイドからクロスだけではない。
バイタル辺りからワンタッチパスで小気味良く繋いでいく。
前半は手数を少なくシンプルな攻撃をしていたがマリノスのプレッシング対策もあったのだろう。
後半はサイド偏重ではなくバイタル中央のスペースをショートパスの連打で崩していく。
攻撃面では小島くんのテクニックが活かされていた様に思う。
小回りの効くドリブルからワンタッチで叩いて前でリターンを貰う形が増えた。
そしてなにより後半早々の宮﨑くんのスーパーゴール。
素晴らしかった。
チームに勢いをもたらしさらにセットプレーからのヘディングで同点に追いついた。
ただここからのゲームプランは難しかっただろう。
この勢いを持続しつつというのは理想だがマリノスも猛攻をかけてきた。
疲れもあるだろうしマリノス側が攻撃にシフトし押し込んでくる。
結果的に勝ち越しを許してしまったが前半からチームを建て直し修正。
また前後半を通じて人ではなくスペースへ狙って入れるクロスに走りこむ形にマリノスDFがマークに付ききれず。
意図ある攻撃の形として得点に結びついていた。

マリノスはまずボランチの吉尾くん。
安定したゲームメイクで中盤の底からチームを組み立てる。
そして突破力に秀でた右SH松田くん。
サイドから切り込み3点目をアシスト。
津久井くんも1得点、ドリブルで仕掛ける事が出来るFW。
後半は賢信くんに代わってトップの位置に入りポストプレー。
決勝点をアシストした。
後半途中出場の石井くんはセカンドトップ的なポジションから積極的にゴールを狙う。

この試合の"SMVP"は井出真太郎くん。
左サイドを制圧。
SHとしてサイドからのクロス、切り込んでのシュートと八面六臂の活躍。
1点目は彼のドリブルからのクロスによるアシスト。
また2点目のアシストの様に中盤から決定的なラストパスも出せる。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ