FC2ブログ

The Masterplan 〜高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関東:三菱養和SCユースvs横浜F・マリノスユース〜

『狼の死刑宣告』っていう映画。

普通の会社員の男がギャングに息子を殺され「法律が裁かないなら俺が裁く!」っていう復讐者(まあ巻き込まれに近いけど)の映画で好きなんやけど主演がケヴィン・ベーコンなんよね。
これまでのベーコン映画見てるともう冒頭からベーコンが「普通の会社員」に見えない。

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関東 2019
三菱養和SCユースvs横浜F・マリノスユース

IMG_7100.jpg

養和は4ー3ー3
前線は中央に栗原イブラヒムジュニアくん左に上田英智くん右に樋口陸くん。
中盤は影山秀人くんと古舘陸大くん、清水雅仁くん。

マリノスは4ー2ー3ー1
前線はブラウン ノア 賢信くん下がり目に石井宏育くん。
左SH井出真太郎くん右SH松田詠太郎くん。
ボランチは植田啓太くんと吉尾虹樹くん。

さて、試合。

マリノス右サイド松田くんが突破して中央へ折り返し。
石井くんが合わせてシュートも養和GK平井一徹くんが正面でキャッチ。
IMG_7101.jpg

マリノス、左サイドに開いた賢信くんがグラウンダーのクロス。
ゴール前で石井くんがシュートも左のポスト直撃。
IMG_7104.jpg

養和、右サイドから上田くんがゴールライン際までボールを持ち込みシュートもこれはサイドネット。
IMG_7113.jpg

養和にCK。左から樋口くんのキックにファーサイドで栗原くんがヘッドでゴール前へ折り返す。
GKキャッチ出来ず押し込もうとする養和と弾き返そうとするマリノスでゴール前混戦状態になるが最後はマリノス松田くんがクリア。
IMG_7109.jpg

マリノス左からのCK。CB和田昂士くんがゴール前飛び込みながら右足アウトで合わせるが枠の外。
IMG_7111.jpg

前半終了。

マリノスは試合開始早々右SH松田くんがスピードで魅せた。
自陣からのボールに対面の選手をぶっちぎってのクロス。
トップ下の位置に入る石川くんは二度の決定機。
左サイドはSB池田航くんが高い位置を取りサイドだけでなく中盤やバイタルにポジション取り。
左SH井出くんと池田くんがポジションをカバーし合う。
お互いサイドに張り出すだけでなくバイタル中央に切り込んでくる。
守備に関しては養和のカウンターをCB和田くんが上手く潰していた。
ただ最後尾からのビルドアップに若干不安あり。
養和のプレスに不用意なパスを奪われピンチを招くシーンも。
IMG_7108.jpg

養和は4ー3ー3と書いたがシステム的には中盤の底の清水くんがCBも兼任。
清水くんはアンカーというよりDFラインの一歩前でマリノスの石井くんに対応。
守備時はCBに入る前提で5バックになる。
前線は三人に加えてプレスを掛ける時はボランチの古舘くんが前に出てマリノスのボールホルダーにチェイスする。
三人プラス古舘くんのハイプレスはかなりマリノスのビルドアップを撹乱していた。
少しでもパスが甘いと猛進してボールカット。
闇雲に前から行くわけではなく引く時はハーフウェー付近まで下がる。
プレスはボールホルダーだけでなくマリノスのキーマン、ボランチ植田くんへのパスコースもしっかり消していた。
前線の栗原くんも左の上田くん右の樋口くんもかなりの上下動を繰り返し、影山くんもスペースを埋めるべく精力的に走る。
IMG_7121.jpg

後半開始。

後半4分、養和ハーフウェー付近でFK獲得。
キッカーは影山くん。
ゴール前に上げたボールに清水くんがバックヘッドで合わせる。


これがGKの頭上を越え、ループ気味にゴールに吸い込まれる。養和先制。1ー0
IMG_7127.jpg
IMG_7128.jpg

マリノス選手交代。植田くんに代えて中村翼くん。
IMG_7132.jpg

後半16分、養和右サイドからゴール前へパス。
GKが飛び出してキャッチする寸前に走り込んだ上田くんが半歩先に届きボールタッチがそのままゴールへシュート。
養和追加点。2ー0
IMG_7139.jpg

マリノス左からのCK、ファーサイドの賢信くんが右足で合わせるが養和CB岩崎陽也くんがスライディングでシュートプロック。
IMG_7135.jpg

マリノス二人交代。岩井龍翔司くんと中村斗星くんをピッチへ。
IMG_7153.jpg

後半34分、マリノス右サイドでDFの頭上を越して中村斗星くんがPAへ。
中央へ折り返したボールを中村翼くんがシュートしゴール。2-1
IMG_7166.jpg

養和選手交代、古舘くんに代えて田中雄大くん。
IMG_7178.jpg
樋口くんに代えて仙北颯音くん。
IMG_7175.jpg

さらに養和選手交代。
栗原くんに代えて町田悠くん。
IMG_7180.jpg

養和、中盤でのパスカットから田中くんが中央からミドルシュート。
これはマリノスGK寺門陸くんが横っ飛びでゴールライン外へ弾き出す。
IMG_7181.jpg

既にロスタイムに突入。
養和はCKをゴール前へ蹴らずにコーナフラッグ付近でキープ。

試合終了。
三菱養和SCユースが2-1でマリノスユースに勝利。

マリノスは前半決定機を作り出した石井くんが養和に徹底的に封じられる。
右サイド松田くんのスピードも養和の守備陣の前に活かしきず。
特に前線の賢信くんが何もさせてもらえなかったのは痛かった。
セットプレーではターゲットになれるが常に背後につく養和CBの対応にポストプレーはおろかなかなか前を向かせてもらえない。
サイドを力押しでこじ開けようとするが攻めのバリエーションが少なくサポートも不十分。
養和にサイドで数的優位を作られ守り固められてしまう。
後半途中から入った岩井くんのドリブル突破など攻撃のオプションはあるのだが単発で終わってしまう。
先行されていて焦りもあるだろうが細かいパスミスも目立った。
IMG_7197.jpg

養和は2CBプラス清水くんというシステムがハマった。
特に後半は前半脅威となった石井くんを完璧にケア。
清水くんのDFライン手前での球際の強さが存分に活かされていた。
CB竹内駿斗くんの左サイドへのカバーは素早く。
CB岩崎陽也くんと共にハイボールを弾き返し続ける。
竹内くんは左SB今野息吹くんと共にマリノス右SH松田くんのスピードに対し抜群の距離感とボールの離れ際を狙った守備。
迂闊に飛び込まずジリジリと距離を詰める、そしていけると判断した時は思い切り足を伸ばす。
この二人が左サイドを堅守。
さらに今野くんは守備だけでなく機を見てオーバーラップ、ドリブルでサイドを切り裂く。
守備陣は身を呈してのシュートブロックとシンプルなクリアで養和のゴールに鍵を掛ける。
前線は栗原くんのレンジと懐の広いボールキープと変則ポストプレーで少ない人数でゴール前まで迫る。
樋口くんと上田くんの両サイドもアップダウンを繰り返しながら前から追い込む守備と自陣で待ち構える守備をしっかり状況によって使い分けていた。
ボールホルダーへのチェイスを怠らない。

この試合の"SMVP"は影山秀人くん。
先制点をアシスト。
中盤ではマリノスのパス回しを寸断するパスカット。
さらにゲーム終盤でも中盤から前へ出てボールにチェイスし追いかける。
ピッチを縦横無尽、とにかく走る。
ボールを取り切れないまでもチームの姿勢を自らのプレーでチームメイトに伝える。
IMG_7192.jpg
IMG_7198.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ