FC2ブログ

CoCo夏夏夏 Holiday 〜SBSカップ国際ユースサッカー:U-18コロンビア代表vsU-18日本代表〜

静岡までサッカー観に行っただけというのもなんやから食べてきた。
IMG_7612.jpg
静岡産「紅ほっぺけずり」という苺を凍らせて削った上に生クリームをトッピング。
底にはアイスクリームとコーンフレーク。
IMG_7611.jpg

2019 SBSカップ国際ユースサッカー
U-18コロンビア代表vsU-18日本代表

IMG_7614.jpg

コロンビアは4ー3ー3
前線3トップはトップにケネル・バレンシアくん左にエドウィン・モスケーラくん右にマリーノ・イネストロサくん。
中盤はアンカーにファビアン・アンヘルくんアンドレス・アロージョくんとアレハンドロ・ガルシアくんの3人。

日本は4ー4ー2
晴山岬くんと藤尾翔太くんの2トップ。
左SH鮎川峻くん右SH中山陸くん。
ボランチは土肥航大くんと松本凪生くん。

さて、試合。

コロンビア、右サイドスローインからクロス、日本のクリアを左SBフアン・カバルくんが中央走り込んで左足ダイレクトでミドルシュート。
これは日本DFに当たってコースが逸れる。
IMG_7634.jpg

日本バイタル右25mの距離からFK。
中山くんのゴール前に入れたキックはコロンビアヘディングクリア。
セカンドボールを拾う日本、プレスにくるコロンビア、バイタル中央選手が密集してボールの奪い合い。
中山くんがボールを受けると右外の藤尾翔太くんに縦パス。
藤尾くんはダイレクトでグラウンダーのシュートもGK正面、セバスティアン・ゲーラくんがしっかりキャッチ。
IMG_7635.jpg

前半9分、コロンビア、日本の自陣でのパス回しをモスケーラくんが後ろから走って掻っ攫うとそのまま縦にドリブルPAへ。
さらにPAを縦へ進むモスケーラくん、日本のスライディングが若干遅れて足にかかり倒してしまう。
コロンビアにPK。
IMG_7616.jpg
モスケーラくん自らキッカー、ゴール右上段に突き刺さるようなシュート叩き込んだ。
コロンビア先制。1ー0
IMG_7621.jpg
IMG_7623.jpg
IMG_7625.jpg

前半26分、コロンビアが日本の右サイドでのパスミスをカット。そして右のイネストロサくんに渡るとドリブル開始。
中央へドリブルそこから左回りでPA内へ、対面のDFを引き剥がしそのままシュート。
ニアを抜いた。コロンビア追加点。2ー0
IMG_7626.jpg
IMG_7627.jpg
IMG_7629.jpg

コロンビア自陣でボールを奪うとカバルくんがドリブル開始、左サイド約70mを独走しゴールライン際からクロス。
ゴール前でケネル・バレンシアくんがヘッドを合わせようとすらが僅かに届かず。
IMG_7636.jpg

前半終了。

コロンビアは2得点の攻撃陣も凄いがまず守備が堅かった。
日本が右サイドから攻撃をスタートさせてくると前線のウィングが下がって対応する。
必ずしもボールを奪うためのプレスではなく出し所を消したりもする。
中央への横パスは3人のボランチがケア。
サイド縦に出されればSBと中盤がサイドに寄ってきて囲んでしまう。
ボランチの距離感が良い。
素早くボールホルダーを囲む為の距離だったりチャレンジ&カバーの距離。
非常にクレバーな守備。
IMG_7630.jpg

日本は前半シュート1本。
打開策を見つけられないまま前半が過ぎていった。
ハーフウェーラインを少し越えたあたりではボールを持てるがそこから先はなかなかパスの出し所が見つからない。
左サイドは無理にでもこじ開けようとしていたが、、、、、
バイタル中央での選手の距離が遠すぎて連携が取れない。
コロンビアの守備ブロックはかなり硬い。
競り合い、空中戦に強くカバーリングも速い。
打開策としてはバイタルでの仕掛けだろうか。
繋ごうとする意識自体は良いのだが結局誰かがどこかで"仕掛け"なきゃならない。
守備陣は試合開始早々コロンビアのスピードを見せつけられてしまった。
スピードで負けるのはもう仕方ない。
問題はプレーが縮こまってしまうこと。
警戒するのは良い。
ただ恐れていては駄目だ。
IMG_7637.jpg

後半開始。

日本は4人交代。
交代するのはCB木村誠二くん。
中盤は中山くん、土肥くん。
FWの晴山くん。
そしてFWには櫻川ソロモンくんが入り。
左SHには小田裕太郎くんが入り鮎川くんは右SHへ、ボランチに岩本翔くん。
CB西尾隆矢くんの4人が交代でピッチへ。

前半4分、日本は左サイドでのスローイン。櫻川くんがゴールを背に受けるとゴール前へ追い越していく小田くんへパス。
PA内で小田くんは右足トラップからシュート。
巻いたシュートをコース右のサイドネットに突き刺す。2ー1
IMG_7640.jpg
IMG_7642.jpg

日本、中盤で岩本くんが左サイドの小田くんへパス。
小田くんはクロスをゴール前へ、ファーでフリーの櫻川くんがヘディングを合わせようと飛び込むが僅かに間に合わなかった。
IMG_7643.jpg

日本選手交代、三原秀真くんに代えて石田凌太郎くん。
IMG_7646.jpg

日本、鮎川くんに代えて石浦大雅くんをピッチへ。
石浦くんはそのまま右SH。
IMG_7647.jpg

コロンビア24分、右サイドSBジェフェルソン・パスくんのクロスにファーでアンドレス・アロージョくんがヘディングシュート。コロンビア再び突き放す一撃。3ー1
IMG_7648.jpg
IMG_7649.jpg

日本、藤尾くんから左サイドへ流れた櫻川くんへ。
櫻川くんから小田くんへパス、小田くんはPA左から折り返しゴール中央で藤尾くんがダイレクトでシュートも枠の上。
IMG_7645.jpg

日本、加藤聖くんに代えて井出敬大くん。
コロンビアはバレンシアくんに代えてジョニ・モスケーラくん。
IMG_7650.jpg

日本、中盤で岩本くんから左サイドの松本くんへ。松本くんは内側を走る小田くんへパス。
小田くんがPAドリブルから切り返して右足角度のあまりない位置からシュート。
ゴール右上段を狙ったシュートはバー直撃。
IMG_7644.jpg

コロンビア二人交代。
イネストロサくんとジョアン・カンパーニャくん。
ガルシアくんとセサル・アイダールくん。
IMG_7655.jpg

日本、松本くんから右サイドの小田くんへ。
小田くんは低いクロスをゴール前へ。
GKの前で櫻川くんが詰めて押し込もうとするが若干タイミングが合わず。

コロンビア、モスケーラくんに代えてダイラン・ボレロくん。
IMG_7656.jpg

試合終了。

日本は後半になって俄然良くなった。
特に後半から入った前線の櫻川くん、SH小田くん、ボランチ岩本くんの存在は劇的な効果をもたらした。
岩本くんは相手に寄せられてもボールキープ出来る技術があり、ゲームのタメを作ることが出来る。
彼がボールを持つことで時間を作り周囲の選手のバリエーションが広がった。
櫻川くんは前に張っているだけでなく前線から一歩下がってもポストプレー。
サイドに流れたりもするが肝心な時にはちゃんとゴール前に陣取っている。
彼の投入でチームのターゲットが明確になった。
そして小田くん。
ピッチに立ってあっという間に自分が日本代表の攻撃の主軸であることをプレーで証明して見せた。
寄せを苦にしないボールタッチの技術。
相手の密集地帯にドリブルで仕掛けてこじ開ける。
動き出しも良く、安全にパスを貰う為だけでなく常にゴールを目指したポジショニングと動き出し。
だから良い位置、チャンスに繋がる場面でパスが貰えている。
後半はコロンビアも運動量が落ちた(あるいは意図的に落としたか)とはいえ押し込む展開を作れた。
IMG_7659.jpg
IMG_7661.jpg

コロンビアは1失点の後キッチリ3点目を取って試合を優位に進める。
2点リードしてからの時間の使い方などは流石。
圧されている時はワントップだけ前線に残して守備に入る。
日本の波が過ぎようとしているところで前線に交代でフレッシュな選手を入れて人数をかけ前からのプレスを強化。
と同時にDFラインに2人入れて6バックでゴール前を固める。
そしてやはり前線の個性は強烈だった。
PKになったモスケーラ(EDWIN MOSQUERA)くんのドリブルの加速、縦への速さ。
2点目のイネストロサ(MARINO HINESTROZA)くんのタッチごとに一速二速とギアを上げていくドリブル。
さらに左SBカバル(JUAN CABAL)くんの自陣からのドリブル、大きなワンタッチでライン裏に出しオープンな走り合いで並走相手を引き離す。
純粋なスプリンターとしての速さ。
FW登録になっているが助走を付けトップスピードに乗る為にあえて前に広いスペースのあるSBをやっているのでは?と思わせるほど(Jドリームのチェ・ユンファ理論)

この試合の"SMVP"はボランチのファビアン・アンヘル(FABIAN ANGEL)くん。
前半は中盤の底で日本の攻撃の芽を摘み取る。
後半は押し気味の日本に対してDFラインの前でしっかりプレスをかけ続けた。
チームの中央に位置し、守備時は相手の縦パスを阻止する為にバイタルの選手をケア。
ガッチリマークするわけではなく、ボールと選手を追って中盤をひたすら走り回るわけではない。
さりげなく近づいていき、なにげなく、それでいて確実にパスコースを消している。
IMG_7660.jpg
IMG_7663.jpg
!Felicidades victoria!
U-18 Colombia National Team
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ