Fリーグ開幕戦 ~代々木は燃えているか?名古屋を止めるクラブは果たして...~

フットサル開幕戦at国立代々木競技場第一体育館

セントラル開幕の利点は一日で数チームが観られること。
室内なので天候の影響を受けずにすみます(今日は第一試合が12時から、屋外だったらどうなっていたことか...)

しかし三試合で計6時間ではなかなか人間の集中力も続かないもの(三試合目ということで当ブログの内容もかなり薄くなっております、実家のカルピスぐらいに)

しかしこの試合はなんといっても"シュライカー大阪"の登場だ!!!

第三試合
府中アスレティックFCvsシュライカー大阪
2010080716580000.jpg

FリーグNo.1ゴレイロ"皇帝"イゴールの試合ですから刮目して観ねば.....
と、意気込んだのですが...
直近のオーシャンアリーナカップで怪我をしたとのことで今日はベンチ入りせず。
エビーニョも怪我かな?ベンチに入っていませんでした。
岸本武志選手もベンチに入っていない.....(ずっと観たいと思っていた選手なのですがなんの因果か未だ観られず)
この三人がいないのは大阪にとって痛手の筈。

イゴールに変わってゴールを守るのは乾竜也くん。若干22歳。
大阪は選手プロフィールを見ると若い選手が多い印象。80年代後半生まれが目立ちます。

ちなみに大阪の22番:佐藤亮は新潟出身。
嬉しいですね。長岡出身か。
やはり新潟県内から本気でFリーグ参入を目指すクラブが出て来てほしいところ(僕が知らないだけでもうあったりして。「アルビレックスがフットサルチームを持つ」というのが一番の近道なのかな。僕の希望としては地元の上越にあればなぁ、と思います。リージョンプラザをホームにしてさ)

府中アスレティックFCの注目は上澤貴憲選手。このチームの中心選手であることは疑いもない。
府中のゴレイロは村山竜三選手、デウソン神戸から加入。

さて試合。印象に残っている場面はというと、、、

大阪の2点目、大阪の前線へのフィードに府中のゴレイロ村山竜三がエリア外に飛び出しクリアしようとするも痛恨のキックミス。
ドゥダがこぼれたボールを蹴り込む。

3-1の状況で負けている府中。
サイドを一気に駆け上がった上澤貴憲のエリア右からのシュートで3-2に追い上げる。
駆ける勢いそのままに叩き込んだ素晴らしいゴールでした。

結局試合は4-2で大阪の勝利。
府中は終盤のパワープレーが裏目に出ましたね。
パワープレーは諸刃の剣。
"カウンターで一発"の恐怖もさることながらゴレイロとFPの交代のタイミングが悪いと流れを見失いかねない。
大阪が一木秀之のロングシュート一発で試合を決定づけました。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : フットサル
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ