練馬区サンクスマッチ ~東京ヴェルディvsコンサドーレ札幌~【J特】

今日もヴェルディを観戦。
ユースを含めると今季4試合目ですよ。
既に今季の新潟の観戦数を上回りました。
さっかりんから当ブログにご来訪頂いた新潟の方々には、、、

「なぜこいつが"新潟"のカテゴリーに?」

と不審に思われるでしょう。
いやはや当方都内在住でして観戦射程距離が関東圏内(鹿島除く)という現状(交通費がチケット代を超えるような試合は滅多に行かない、というか行けないのです)
今年はですね柏と千葉が降格しましたので観戦数が減少しているんですよ。
と、いうわけで当ブログで新潟の観戦記を書くのは8/29の横浜Fマリノス戦までないということで。

はい、どうも庄七です。

そしてこの試合、"練馬区サンクスマッチ"と銘打たれ練馬区民は1.000円で観られるという粋な計らい。
練馬区に移り住んで早3年、ここは東京Vさんの好意に甘えるとしよう。
皆さんご存知の通りいま東京VはJリーグが経営権を取得しており、いわば『借りぐらしのヴェルディ』という状態(すいません、旬なネタなもんでどうしても....)

この状況を打破すべく選手達も草の根運動的に地域のイベントに参加しているようだ。
そんな中、先月僕の住む街での『江古田ナイトバザール』に菊岡拓朗選手が来てくれた。
『江古田ナイトバザール』ですよっ!『江古田ナイトバザール』

バザール【意味】 バザールとは、デパート・商店などの特売会、大売出し。また、その特設会場。バザー。

いうても"江古田ゆうゆうロード"いう"商店街"のイベントですわ。
そんな"草の根"というにはあまりに"根っこ"的なイベントに参加してくれた菊岡拓朗選手の男気に是非とも江古田在住者として応えたい、、、と思い足を運んだわけです。

さて試合。
東京ヴェルディvsコンサドーレ札幌
2010081518580000.jpg

札幌の試合観るの久しぶりやな(フクアリでの天皇杯vs新潟戦以来)

試合開始早々前線から精力的にプレスをかける札幌。
前半9分に札幌のFW内村圭宏がPA内に侵入。GKと一対一。身体を投げ出した土肥に対して"フワッ"と浮かせたシュートでゴールネットを揺らす。札幌、先制点。

「札幌が良い試合の入り方をしたかな?」
...と思いきや札幌はそこから次第に「アレッ?」と思わざるを得ない試合展開に。
まず、中盤でボールを落ち着かせられない。
その上この日はショートパス(5~8mの距離の)がことごとくカットされる。
右SBに入った藤田征也の攻撃力を活かしたいところだが右SHの古田寛幸との連携がイマイチどころかイマサンぐらいの出来。

そうこうしているうちに前半13分菊岡拓朗がGK弾いたボールを押し込み、東京V同点。
菊岡選手がやってくれました!!!(歓喜する江古田在住者が推定30名はいたでしょう)

次第に東京Vがペースを掴み。前半終了。

2010081520490000.jpg

後半、札幌は二人選手交代、FW近藤祐介(札幌にいたのか)DF吉弘充志(元広島)を投入。
札幌は前半の4バックから吉弘、西島弘之、藤山竜仁(いわずと知れた元FC東京の"Mr.インター・セプター")の3バックへ。3-5-2かな?
藤田征也を前で使いたいというのもあるんだろう。

しかし試合は変わらず東京Vペースのまま。

この日は飯尾一慶選手が当たってましたね。再三左サイドから崩す。
この試合シュート数が一番多かったんじゃないかな。
左からのクロスをダイレクトでオーバーヘッドというスペクタクルなシュートまで披露。

札幌は中盤を厚くした筈なのにボールが落ち着かない。
特に後半左ウィングの位置に入った古田寛幸は散々な出来。
突破出来ずサイドで孤立するは横パスはカットされるは...正直今日は東京Vの守備陣に狙われていたと思う。

藤田も大外からクロスを上げるだけでは効果的とは言えず。

近藤も強烈なミドルを放つも...(終わってみればこの試合札幌はシュート数3本....まあ3本中1本入ってるから効率的とも言えるけど.....)

チャンスは作れど東京Vもなかなか得点出来ず。
"ドロー"という言葉が頭をよぎった後半39分。
交代出場の高木俊幸(高木善明との"兄弟交代")から左サイド深い位置でボールを受けた吉田正樹がグラウンダーの低いクロス、PA内で平本一樹が合わせてゴール。2-1。
東京V勝ち越し(ちなみに左SBの吉田正樹選手は新潟出身、客席の練馬区在住新潟県人が新潟県人の見事なアシストを観るというまさに"練馬区サンクス"な試合でした)

試合はそのまま2-1で終了。東京Vが勝利。
これで僕が観戦した4試合で東京Vは3勝1分。現在5位。この勢いは本物やね。

ちょっと札幌が心配になった(まあ一試合しか観てないのにアレですが)
箕輪義信、李漢宰、キリノといった選手がベンチにも入っていない(怪我かな?)というのもあるんでしょうが。

ハーフタイムでの東京ヴェルディユース達による『adidas CUP 2010』優勝報告。
2010081520250000.jpg
優勝御目出度う。

この試合累積で出場停止の河野くんは試合前のサイン会に。
2010081518480000.jpg
間近で見ると「ボクシング・フライ級日本王者」みたいなシャープな格好良さがあるね。

この日土肥さんが通算400試合出場ということで花束贈呈(この前、徳島戦を観た日は土肥さんの誕生日でした。僕は土肥さんの節目、節目に縁があるのか?)
いや、しかし400試合というのは凄い記録です。
もはやそのプレー自体に物語(ストーリー)がありますよね。
まさに、、、

『ドイ・ストーリー3』

というこれまた旬なアニメネタを強引にぶっ込んだところでこの観戦記を終わりたいと思います。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ