レイニーブルー ~高円宮杯ユースサッカー選手権準決勝:三菱養和サッカークラブユースvsFC東京U-18~【J特】

私も今日は そっと雨

というわけで雨が激しさを増す国立競技場。It's a rainy blue

高円宮杯準決勝二試合目。
三菱養和サッカークラブユースvsFC東京U-18
2010100916200000.jpg

FC東京は偶然にも広島と同じく西が丘でのラウンド16を観たチーム。『After the Goal Rush ~高円宮杯ラウンド16: FC東京U-18vs青森山田高校~

FC東京は武藤嘉紀くんが累積で出場停止。また大学受験と重なり出場しない選手も。

三菱養和は去年の高円宮杯準決勝で観戦。
去年のメンバーでは田鍋陵太くんがいた(今日はベンチから)、快速で右サイドを突破していた印象がある。
田中輝希くんは名古屋への入団が内定している。

前半。
FC東京が果敢にシュートを狙う。
以前観た時よりもボランチの佐々木陽次くんが前線で積極的にチャンスメークしていた。

FC東京、左SBの村松知稀くんがクロス、中央で選手が潰れながら左斜め前方にパス、これを走りこんで来た
岩木慎也くんがシュート、GKの股間を通り抜けゴール、FC東京先制。1-0

三菱養和も佐藤聖くんがドリブルでリズムをつくる。
三菱養和FKのチャンス、左、ちょっと距離は遠め。田中くんのシュートは枠外。

前半終了。

FC東京の2CB小林聖弥くんと松藤正伸くんは共に身長に恵まれているわけでない(二人とも170台前半)
が、三菱養和の長身FW若狭夢信くんに自由にさせず。競り合うよりも当ててくるボールに対して「一歩、半歩前に出てボールを奪う」技術がかなり高い、これで身長差を無効化していた。
"読み"と"出足"でカバーするタイプ。
この大会ここまで無失点というのも納得、リスクは高いかもしれないが結果が伴っている。
あとフィードも抜群だ。

さて、後半。
三菱養和は田中くんが交代。田鍋陵太くんが入る。怪我だろうか?

FC東京が前線へ長いボール、PA内で三菱養和のDFが倒してしまいPK&退場。三菱養和は一人少なくなる。
このPKを秋岡活哉くんが決め、2-0
GKの三浦龍輝くんも自陣ゴールから駆けつけ祝福の輪に。

FC東京、左サイドをドリブルで佐々木くん、PAラインのところからフワリとしたシュートがループ気味に右サイドネットに"パサリ"。
素晴らしいシュートでFC東京が突き放す、3-0

三菱養和、近藤貴司くんがPA深くで倒されPK獲得。これを自らが決め三菱養和一点返す。3-1

FC東京、左SBの村松くんと石原良将くんの交代。右SBだった廣木雄磨くんと左右でポジションチェンジ。

三菱養和も前に人数を掛ける。
終盤に何度かあったCKも良いボールが入ってはいたが枠を捉えることが出来ず。

このまま試合終了。

三菱養和は前回と同じく準決勝で敗退。
2010100916230000.jpg

FC東京が決勝へ進出。
御目出度うございます。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ