GKの自己表現【J特】

以前、【日本人らしいサッカー(のパフォーマンス)】という日記を書きました。

そこでも引用させて頂いているフモフモさんのコラムに気になる記述が、、、

GK西川以外全員が参加するという練り込まれたネタ



そうなんです。世間的に、、、

GK=パフォーマンスに縁遠いポジション

という、認識は間違いなくある(まあ実際ゴールを決める機会はほとんどないわけです...)

例えば試合中神懸かり的ビッグセーブを披露したとしましょう。

「GKが一点守ることは、一点をとることと同じ」

と僕は信じていますが、実際は試合中セーブ後に派手なパフォーマンスをする選手は皆無。

そりゃそうですゲームは続いているのですから。

多分、GKが心置きなくパフォーマンスが出来る場というのはトーナメントのPK戦、止めれば勝ちという場面でシュートブロックして勝利を手中に収めたときだけではないでしょうか。

しかしそれはシーズンに一回あるかないかという稀少機会。
一年がかりで考えたパフォーマンスネタが披露出来ずにシーズンが終わってしまう....

GKはそんなブルースなポジションなのです。

そんなストイックさが魅力なのかもしれませんが僕もこう見えてもGKの末席を汚す端くれ(しかも相席で)

派手なパフォーマンスは無理でもGKの(プレー以外での)自己表現はいくらでもあるはず!!

と、考え、いくつか提案させて頂く所存です。

そして多少なりとも僕の日記を読んで頂いている方が危惧する通りここからはプロレスネタをぶっ込んでいきます。


①まずは仕草、見得を切ることで表現する。

仕草ってのはまあわかりやすく言えば故三沢光晴社長がやってた『人差し指をワイパー状にして額の汗を拭う』アレです。

これはそのまま応用出来ますね。故にヘアバンド禁止で。

あとは大御所が格下レスラーの逆水平チョップを受けた時などによくやる『無表情で胸の辺りをスッスッと払う』これは「まったく効いてないぜ」ということを暗に言っているわけです。

GKがミドルorロングシュート等を胸でガッチリキャッチした際に使うと有効でしょう。
手で胸の辺りを払った後、、、

「しょっぱいシュートだぜ」

と(勿論口には出しませんよ、表情で表現したいものです)

あ、オーストラリア代表のGKシュウォーツァーさんがアジアカップでガチャさんのループシュートをキャッチした後、人差し指を左右に振って『チッチッチッ!!』ってやってました。

これは使えますね。
しかしアジアのライバルの猿真似をしただけでは頂けない。
日本人ならやはりここは『JOJOの奇妙な冒険』第三部アヴドゥルの『チッ!! チッ!! チッ!!!』を参考にすべき。
そしてその後はこの決めポーズで。

jos45.jpg

仕草の次は『見得を切る』です。

これもともとは歌舞伎の世界の言葉ですね。

「自分の力を誇示する動作」

とでも言うんでしょうか。

プロレスでも決め技の前のお決まりのポーズってのがありますからね(例:吉野正人が『ソル・ナシエンテ』前に腕で十字架を作る。ドラゴン・キッドが『ドラゴン・ラナ』の前に両手を天に差し出し糸巻きのようにクルクル回転させてコーナに登っていく等。どちらも技の特徴を見事に捉えた"見得"、これによって観客のボルテージが否応なくあがるのです)

やはりこれはPK時に使いたいところ。相手への威嚇にもなりますからね。

そこで提案するのがこれ、、、

db_kabuki_20101016044110.jpg

グレートカブキの"毒霧"ですよ。

GKはゴールライン上に立つ前にポスト脇の水を口に含み天高く飛沫を舞い上げるのです。

こ・れ・は 盛り上がりますよッ!!!


②入場パフォーマンスで表現する

湘南の野澤はキックオフ前、円陣を解いた後まっしぐらにゴールに走っていてゴールバーで懸垂しますよね。

あれは最高のパフォーマンス...というか"儀式"です。

さすが野澤、生粋のエンターテイナーといったところ。

まだまだこの分野は開拓の余地有りと見ましたね。

例えば...ゴールポストを使って初代タイガーマスクのように『ムーンサルトキック』.......
...スパイクでは無理か.....試合前に怪我するかもしれんしな.....却下や。

ならばゴールポストを利用して丸藤の『不知火』....カッコいいけどデンジャーやな......
14.jpg

誰にかけるんじゃい?というのもあるしな......
下手すりゃ試合前に3カウント入るで....却下やな...

なら鈴木みのるのように『頭からバスタオル被って入場』というのもカッコええね。
P-5231_3.jpg

でもたぶん主審に怒られるやろな....

サッカーの伝統という檻の中では新しいアイデアというのはなかなか難しいね.....

でも最後にこれだけはどうしても提案したい!!!

僕が"世界一入場がカッコいい"と思っているのはWWEのアンダー・テイカー。

これを是非GK入場でやってみてほしい。
この案は室内じゃないとあかんからフットサルのGK向けや。

それはこんなんやけど、、、




選手入場、何故かゴレイロがいない⏎

ゴールは無人のまま4人でピッチへ、ざわつく場内、とまどう対戦相手⏎

キックオフ直前、会場が突如暗転!!!⏎

ゴーン、ゴーン、と鳴り響く鐘⏎

照明が灯った瞬間!!!既にゴール前にゴレイロが仁王立ち!!!



これでフットサルのゴレイロが入場したらたまらんやろうな。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Secret

プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ