Go West!!! ~関東大学サッカーリーグ戦:早稲田大学vs拓殖大学~

ナビスコの決勝のこの日に。僕は西が丘に。

予々観戦したいと思っていた大学サッカーへ。

そろそろ来季の加入内定者が発表されてくる時期。
この試合だと早稲田の野田明弘くんがFC岐阜に加入内定している。

JR東日本カップ2010 第84回関東大学サッカーリーグ戦 第19節
早稲田大学vs拓殖大学

さて、試合。前半。
早稲田の島田譲くんがセンターサークル付近からロング。意表をつくシュートは拓殖GK石鍋勇太くんが手を伸ばして弾く。

早稲田CK、キッカーは野田明弘くん。ボールは畑尾大翔くんの頭へピシャリも枠を外れる。

早稲田、富山貴光くんワントラップから反転してシュートも拓殖DFブロック。

早稲田、PA手前で受けた奥井諒くんが斜めにドリブル、DFとGKを躱してシュート。ゴール。早稲田先制。1-0

直後に拓殖の添田哲也くんが左サイドをドリブルでえぐってシュート、ニアへ良いコースもGK菅野一弘くんがブロック。

前半終了。早稲田の守備力の高さが目立つ。
小川諒くんと畑尾大翔くんのCBコンビが空中戦で無類の強さを発揮。
拓殖のロングボールをほとんど弾き返す。この二人で制空権をほぼ掌握。
この二人はセットプレーでも拓殖の脅威に。
拓殖はセカンドボールも拾えず、攻撃をシュートというフィニッシュまで持っていくことが出来ない。
前半拓殖のシュートは1~2本だったかな?
早稲田の中盤でのプレスが効いていてボールを無難に廻すことも出来ない。
出し所がない上にロングボールではことごとく競り負けてしまう。

早稲田の攻撃は前線の富山貴光くんがポストが上手い、タメを作れる。
その効果で2トップの相棒、松井亮大くんと中盤の奥井諒くんの縦への仕掛けが活きていました。

さて、後半。
早稲田、松井亮大くん左サイド突破、PAへ侵入し折り返したボールを富山貴光くんが流し込んでゴール。
早稲田追加点2-0

早稲田、左30mの位置でFK獲得。キッカーは野田明弘くん。ゴール前に蹴り込んだボールは小川諒くんの頭へ。
見事なセットプレーで追追加点。3-0

早稲田、野田明弘くんが右サイドをドリブル突破からクロス。
これを交代したばかりの鈴木隆司くんがボレーで合わせて追追加加点。4-0
鈴木くんはこのシュートがファーストタッチだったんじゃないか?
クロスも素晴らしかったが低空の速いクロスに見事にボレーを被せましたね。

早稲田のCK、野田明弘くんのキックは小川諒のヘッドへ。早稲田の追追加加点点。5-0
野田くんのプレースキック精度高過ぎやな!!!

早稲田、野田くん右サイドを切り裂きグラウンダーのシュート。
この日の主役だということを決定づけるゴール。6-0

試合終了。
早稲田の完勝だった。
拓殖は小川諒くん&畑尾大翔くんに完璧に抑えられましたね。
前半終了間際の添田哲也くんのシュートが最大の決定機だったか。

野田明弘くんはこの日1ゴール3アシストの大活躍!!!
トップに当てるパスが抜群に巧い、右SBの位置でゲームのリズムを創れる。
プレースキックもほとんど蹴っていた。調べてみたら広島ユース出身。なるほどな。

FC岐阜は最高の補強をしたんじゃないでしょうか?

2010110323290000.jpg
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

岐阜サポです。
来期が楽しみでございます!!

Re: タイトルなし

狼さん。コメントありがとうございます。
野田くんには是非とも期待して下さい!!!
プロフィール

庄七..

Author:庄七..
日記にはアルビレックス新潟、U-18年代、大学サッカー等の観戦記とプロレス、漫画、小説の感想等を中心に書いていく予定です。

1 GK(ゴレイロ)
庄七
162cm / 52kg
出身地:新潟県

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
庄七堂来訪者
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ google-site-verification: googlef56d18af04542310.html
人気ブログランキングへ